今日の情報が、明日の君をつくる。

アフリカ発のウォレットCentbeeでビットコインSVを使った電気料金やデータ購入が可能に

南アフリカ発のビットコインウォレットであるCentbeeが、ビットコインSV(BSV)を使った電気料金の支払いや、データ量の購入に対応したことが明らかとなりました。

アフリカ発のウォレットCentbeeでビットコインSVを使った電気料金やデータ購入が可能に

今回の対応によって、CentbeeユーザーであればP2Pシステムをベースとして各種支払いが可能となります。Centbeeの共同創業者であるアンガス・ブラウン氏は、今回の支払いオプションを追加できることを嬉しく思うとCoinGeekの取材に対してコメントしています。ビットコインSVはビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトの思想を基に作成された仮想通貨で、スケーラブルかつ低コストの送金を得意としています。今回のような支払いでの利用は、特に適していると言えるでしょう。

Centbeeによれば、アフリカではビットコインSVを使った決済が徐々に進んでいるとのことです。例えば、ゲームやアプリなどのストアで使えるクレジットとして、配車サービスやその他のデジタルバウチャーなど、取り組みは日々加速しています。

Centbeeの拠点は南アフリカでも最大規模の都市であるヨハネスブルグです。アフリカでは多くの人が既存の適切な金融サービスを受けられないといった課題があります。こうした影響から、スマートフォンなどを活用した電子決済の普及が進んでおり、事業者からバウチャーを購入してサービスを受けることがほとんどです。今回Centbeeが新たなサービスを提供したことで、例えば電気料金のバウチャーなどをビットコインSVで購入することが可能となります。

対応店舗は5万店、今後はさらに事業を拡大へ

ブラウン氏によれば、Centbeeは現在南アフリカの50,000以上の小売店などで利用できるとのことです。また、ユーザー目線では小規模な現金をビットコインSVに預けられることも好評のようで、さらに大きな金額を利用する場合は銀行口座などが活用されるとのことです。また、今後はアフリカの他の地域でも現地の業者と提携し、事業を拡大させていきたいと意気込みを語っています。