今日の情報が、明日の君をつくる。

カンボジア中央銀行が新たなDLT決済ネットワーク導入へ|米ドル依存脱却が目的。

カンボジアの中央銀行が分散型台帳技術(DLT)ネットワークを国の決済システムに導入することを目指しています。コスト削減とリアルアイム決済を実現し、米ドルに依存していた経済からの脱却を実現します。

DLTで現地通貨リエルを促進

先日、開催された仮想通貨カンファレンスのコンセンシスにてカンボジアの中央銀行に位置する「カンボジア国立銀行」のChea Serey(チア・セレイ)総局長は、国の決済システムを向上するべく分散型台帳技術(DLT)ネットワークを間もなく導入することを明らかにしました。

カンボジアでは現地決済として米ドルが約90%以上を占めており、最もドル依存が進む経済国となっていました。

セレイ氏はカンボジア国立銀行がドル依存から脱却しカンボジアの公定通貨リエルを促進するべく、4~5年かけてDLTネットワーク開発に取り組んでおり、今年中にもローンチ予定であると述べています。

隣国間の送金手数料削減も

今回のDLTネットワークは、銀行と電子ウォレットプロバイダーを統合させたプラットフォーム上でユーザー間でモバイルアプリやQRコードを介しての取引を可能にします。

現在、国内12の銀行がネットワークに参加しておりセレイ氏は「将来的にはカンボジアすべての銀行が参加するだろう。」と自信をのぞかせています。

また国内だけでなく、海外へのネットワーク拡大を目指しており隣国マレーシアとの国境間決済も実現します。すでにカンボジアからマレーシアへ出稼ぎしている労働者の国内への送金手数料を削減するべく、マレーシアの大手金融機関メイバンクとも提携していました。

マレーシアには3万人を超えるカンボジア人が働いていると推測されており、毎月自国にいる家族へ仕送りを行っています。しかし、手数料は法外に高く送金額の30%が掛かっていました。

セレイ氏によれば、DLTネットワークを利用すればこれら国際送金時の高額手数料を大幅に引き下げ、カンボジアへ迅速に資金を引きもどすことができると述べています。

他にもカンボジアにある学校などへの施設へ、国外にいる出稼ぎ労働者が直接支払うことも可能になります。これは子供の学費などを一旦家族へ送らず直接支払えることになり、更なるコスト削減と、送った資金を受取人が他目的で使用されないよう防ぎます。

セレイ氏はカンボジアでの米ドル依存は例外的だと指摘しています。通常米ドルに依存している国は経済が悪化しインフレ率が高いものの「カンボジアはインフレ率も低く、経済も好調で為替レートも非常に安定している。」と強調しました。