今日の情報が、明日の君をつくる。

ロシア政策立案者「政府はアンチブロックチェーンではない」2021年にはデジタルルーブル立ち上げも示唆。

ロシア政策立案者であるAnatoly Aksakov(アナトリー・アクサコフ)氏は「政府にはブロックチェーンに反対する声はない」と述べており、恐らく2021年にはCBDCであるデジタルルーブルのパイロットプログラムが始まると明らかにしました。

ロシアでもCBDCはホットな話題

地元メディアRBCによれば、10月21日開催されたフォーラム「Blockchain Life 2020」にて、ロシア議会の金融市場委員会の委員長と仮想通貨・ブロックチェーン政策と法律の立案者も務めるAnatoly Aksakov(アナトリー・アクサコフ)氏が登壇したと報道しています。

アクサコフ氏はスピーチの中で、ロシアの主要業界関係者は依然として仮想通貨に熱心であり、ビジネス業界でもトークンの発行はホットな話題になりつつあると述べ、デジタル資産の準備を進めていると強調しました。

またロシア中央銀行もCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の問題について協議を開始すると発表し、デジタルルーブルのパイロットプログラムが2021年には始まると確信していると明かしています。

ロシア中央銀行は昨年の時点で「デジタルルーブルを開発する必要は無い」との意見を表明しており、CBDC発行については協議会談を開催することを公に約束するに留まっていました。

ブロックチェーンに反対してない

ロシアと言えばこれまで仮想通貨に関しては不透明さが続いており、一旦規制制定に向け着手すると厳しい姿勢を表明していました。

しかしアクサコフ氏は今回のスピーチのなかで同国における仮想通貨市場の規制問題について「深刻なクリプトプレイヤー」と対話中であることを断言しています。

また政府機関は仮想通貨とブロックチェーンを明確に分別しており「政府関係者にブロックチェーン技術に反対する人はいない」と述べ、多くの人が異なる見解を持っているが、技術開発がいかに重要であるかは誰もが理解していると付け加えました。

アクサコフ氏は仮想通貨に批判的な人たちについて、次のように述べています。

「暗号資産に批判的な人々の主な問題は、金融システムと一般市民の両方にとってリスクがあると考えていることです。私たちは決定を下すとき、皆の意見を聞く必要があります。非常に保守的な立場にある中央銀行を含め、すべての人の意見を考慮に入れています。」

現在、プロムスヴァズバンク・クレジットバンクオブモスクワ・ロシアナショナル商業銀行・ゼニート・ドムRFなど5つの銀行が、デジタルルーブルのパイロットプロジェクト参加に名乗りを上げており、続報が期待されます。