今日の情報が、明日の君をつくる。

業界で最低限チェックすべき人物とは?仮想通貨関係の著名人について紹介

仮想通貨の価格は様々な要因によって変動します。株や為替同様に、影響力のある人物の発言によって変動することもあるでしょう。

著名人が仮想通貨に好意的な発言をすれば好材料となって値上がりしますし、その反対で否定的な発言をすれば悪材料となって値下がりします。これは他の金融商品にも言えることですが、仮想通貨はボラティリティが激しいため著名人の影響を受けやすく、発言がキッカケで暴騰や暴落を起こすこともあります。

仮想通貨の動きを知りたいなら、ニュースだけでなく、著名人の発言にも気を付けなければなりません。

そこで今回は、仮想通貨業界においてチェックしておきたい著名人について紹介します。

メロスケ

僕は、影響力が大きいと思われる人や取引所のTwiterは必ずフォローするようにしてるよ🔥

 

英語は苦手だけれど、いいねやリツイートの多い投稿はGoogleの翻訳にかけるようにしてるんだ。 最近のGoogle翻訳は精度がとても高いから、よくお世話になってます💕

著名人の動向をチェックした方が良い理由とは?

知名度が上がっているとはいえ、仮想通貨はまだ市場が小さく安定していないため、様々な要因によって価格変動が起きます。ビットコインを例にあげると、国による規制や緩和、ETFの上場、ハードフォークなど、価格変動の要因を挙げたらキリがないでしょう。

著名人による発言も、仮想通貨の価格に影響を与える要因の一つです。 たとえ価格が変動せずとも、将来の値動きの方向性を知る上で、著名人の発言は重要な情報となります。

例えば有名な取引所の関係者がある通貨が今後上昇するだろうと発言すれば、買い圧力が高まり、価格が上昇します。その反対で、ネガティブな発言をすれば売り圧力が働いて、価値を落としてしまいます。

もちろん、有名だからといって必ずしも価格に影響を与えられるとは限りませんし、信頼に足る情報とも限りません。著名人の発言をチェックする際には、相場に影響を与えられる人、もしくは仮想通貨に対して専門性を有している著名人に対象を絞って言葉の内容をチェックした方が良いでしょう。

仮想通貨はまだ市場が小さく安定していないため、著名人による発言も仮想通貨の価格に影響を与える要因となっています。

ロジャー・バーとは?

ロジャー・バー氏といえば、まだビットコインが誕生したばかりの時期にいち早く投資をし、世界有数の富豪になった人でもあります。

業界ではビットコインジーザス、直訳でビットコインのイエス・キリストと呼ばれるほど、影響力のある人物です。アメリカのサンノゼ生まれですがアメリカ国籍は放棄しており、現在は日本に在住しています。

初期の頃よりビットコインに投資をしているということもあり、ロジャー氏は大口の投資家でもあります。 クジラと呼ばれる大量のビットコイン保有者でもあるため、もしもロジャー氏が保有するビットコインを大量売却すれば、ビットコインの価値を暴落させることも可能でしょう。

現在はビットコインキャッシュを支持しており、ビットコインキャッシュこそ真のビットコインと発言しています。ビットコインキャッシュのハードフォーク以降はBCHABCを支持しており、BTCSV派とは対立する形となっています。

ロジャー・バー氏は、ビットコインジーザスとも呼ばれるビットコインの初期投資家(現在はBCHABCを支持)です。

BitMEX CEOのアーサー・ヘイズとは?

BitMEX(ビットメックス)は世界的に人気のある香港に拠点を置く仮想通貨取引所で、日本人の中にもファンは多いです。

BitMEXの特徴は、日本では真似できないレバレッジ100倍のFXができること。 日々多くのトレーダーがBitMEXで高額の取引をしているだけに、そのCEOであるアーサー・ヘイズ氏の発言はBitMEXのトレーダー、ひいては取引対象であるビットコインの価格に大きな影響を与えやすいです。

アーサー氏は仮想通貨業界全体については好意的です。ただし、常にビットコインにとってポジティブな発言をしてくれるとは限りません。その時の状況に応じて下がるだろう、もしくは上がるだろうと予測をしているので、その発言内容は現在のビットコインの動向を探る上の一つの指標となります。

2018年7月頃、アーサー氏は「ビットコインの価格は5000ドルを試す展開になるだろう」という暴落を匂わす趣旨の発言をしました。結果だけ見れば、ビットコインは2018年11月に5000ドル(約50万円)を割り、30万円から40万円を動く展開へとなりました。

もっとも、ヘイズ氏は5000ドルを試すものの、やがては5万ドルに達するとも発言しているので、上昇の見込みが全くないわけではありません。ヘイズ氏は2019年はイーサリアム(ETH)を狙った方が良いなど、他の仮想通貨についても言及しています。

アーサー・ヘイズ氏は、高レバレッジで人気を集める仮想通貨取引所BitMEXのCEOです。

仮想通貨の価格に影響を与える他の著名人

ビットコインに影響を及ぼす人物は他にも存在します。

ざっと挙げるだけでも、大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOであるジャオ・チャンポン(CZ)氏、中国の事業家であるジハン・ウー氏、ビットコインのETFで注目を集めているウィンクルボス兄弟、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏、イーサリアムの提案者であるヴィタリック・ブテリン氏、リップルCEOのブラッド・ガーリングハウス氏など。

Merokoでは、その手腕で取引所の規模を拡大させているBinance(バイナンス)のCEO CZ氏に注目し、彼個人の記事も作成しています。ぜひこちらの記事もご覧くださいね。

BinanceのCEO趙長鵬(ジャオ・チャンポン)通称CZとは何者なのか?徹底的にリサーチしてみた!

ここで紹介した著名人は、発言だけでなく、実際の行動でも仮想通貨の価格に影響を及ぼせる人達ばかりです。それだけに発言に重みがあるため、彼らの発言や見解を知ることは今後の仮想通貨の動向を知る上で非常に役立つことが予想されます。

影響を与える著名人は多数存在しており、今後動向を知る際、彼らの発言は非常に参考になります。

まとめ

仮想通貨業界はまだまだ発展途上の黎明期です。今後どのような展開になるのか、誰にも予測がつきません。

そのような中で、今回紹介した著名人の発言は今後の仮想通貨の展望を知るヒントとなります。

ビットコインの価格変動の要因にもなるので、仮想通貨に投資をする上で彼らの発言は欠かせない情報です。 ビットコインに投資をしているという方は、仮想通貨だけでなく、著名人の動向にも注目しましょう。

メロスケ

仮想通貨の著名人にはキャラが濃い人が多くて、彼らの人となりを知れるのも、SNSをフォローする上の楽しみだね✨

 

最近は一時期の様に著名人が何か言っただけで大きく値が動くってことは無くなってきたけれど、仮想通貨の保有者として市場の動向を知ることはマストだよ。皆さんも是非、重要と思われる情報はきちんとキャッチする様にしてね💯

メロスケ

Merokoではこの記事の他にも、「初心者ガイド」のカテゴリで、仮想通貨初心者の皆さんにブロックチェーンや仮想通貨に関するあれこれを解説しています❣ 

 

もし分からない言葉があれば、他のページも覗いてみて欲しいな。

皆さんの知識が深まるお手伝いができると、僕も嬉しいです🤗✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です