今日の情報が、明日の君をつくる。

中国国家インターネット金融協会が仮想通貨投資のリスクが高まっていると警告、取引所による価格操作を指摘

中国の国家インターネット金融協会(NIFA)は、仮想通貨取引所が価格操作と取引量を水増ししていると指摘し、仮想通貨市場は実際には価格も大幅に暴落しており、投資リスクが高まっていると警告を促しました。

NIFA、仮想通貨投資へのリスクを警告

仮想通貨市場にとって透明化は長年の課題となっています。

4月2日中央銀行である「中国人民銀行」とも提携している自主規制金融機関「中国国家インターネット金融協会(NIFA)」は、独自の仮想通貨市場に関するデータ分析を行ったことを発表しました。

その結果、一部の仮想通貨取引プラットフォームによる「デジタル資産は金や銀のような安全な資産の避難所」との主張に対し、最近では市場価格も暴落し投資家に甚大な損失をもたらしているとして、リスクの高さを警告しています。

さらに、一部取引所の取引データに基づくサンプリング分析によると「40以上の仮想通貨が1日の取引回転率が100%を超え、70以上が50%を超えている。と指摘し、低い価格と小さな市場にも関わらず、大量の取引が行われていると報告しました。

他にもこのような取引プラットフォームが取引量をBOTを使って水増しし、偽りの好景気を仮想通貨市場に生み出したと述べ、他取引所のデータをコピーし取引量を偽っている所もあると警告しました。

市場を操作し、投資家を呼び込む

NIFAは一部の取引所が国際金融市場の変動を緩和するために仮想通貨は金や銀よりも安全だと主張し、投資家を誤った方向に誘導している所もあるとし、次の様に非難しています。

「一部の取引所は投資家をだまし、仮想通貨を購入させた後で様々な取引テクニックを駆使して市場操作し資産を搾取します」

その手法例としてシステム停止・資産凍結・システムの故障などを取引所が故意に発生させると紹介しています。これにより取引を停止させることができるため投資家によってはポジションを手仕舞い出来ず、特にハイレバレッジを提供する取引所では多額な損失を被ることになると注意を促しました。

2017年に中国政府が仮想通貨取引活動を禁止すると表明して以降、拠点を中国から海外へ移し規制を回避する取引所が多く出ました。その結果、当局が追跡し投資家の損失した資産を取り戻すことは困難であるとしています。

このようにビットコイン(BTC)を含む仮想通貨を認めない姿勢を取りつつも、中国人民銀行は「デジタル元」の発行に取り組んでいます。そのため今後も取締りが強化されることも予測されています。