今日の情報が、明日の君をつくる。

米仮想通貨取引所CoinbaseがNeutrinoを買収、仮想通貨業界をより安全なものに




米大手仮想通貨取引所のCoinbaseが19日、ブロックチェーンセキュリティなどの情報収集を行うスタートアップ企業Neutrinoの買収に成功した事を発表しました。この背景には仮想通貨の合法化と業界をより安全に身近なものにするとした狙いがあると述べています。

ブロックチェーンインテリジェンスがますます重要に

米仮想通貨取引所のCoinbaseは、ブロックチェーンセキュリティ等の情報収集と分析を行う企業Neutrino社を買収した事をMedium内で発表しました。

その中で、ブロックチェーンインテリジェンスは仮想通貨エコシステムにおいてますます重要なものとなっており、オープンな金融システムを世界にもたらすと言う使命にとって不可欠だと述べています。

ブロックチェーンインテリジェンスにはパブリックブロックチェーンに関するデータ分析も含まれており、Neutrino社の技術により仮想通貨の流れを監視、追跡、ハッキング防止や悪意のある攻撃者の特定に役立つと述べています。

これにより、仮想通貨エコシステム全体の向上が伴い仮想通貨と技術をより多くの人々にもたらす事を促進し、各国の法律や規制を確実なものとするのを手助けすると主張しました。

法的執行機関にこのソリューションを提供する事はブロックチェーンインテリジェンスにおいて重要な1つとなっており、Neutrino社が提供する技術で複数に渡る疑わしい取引や資金の追跡、またランサムウェアが活動している地域や使用されているウォレットアドレスの特定も可能になると伝えています。

また特定ができればそのウォレットはブラックリスト入り、取引所による資金凍結も可能となります。

規制やETFに役立つ?

Coinbaseは今回の買収にて次の様に述べました。

「Neutrinoの技術は、この分野で私たちが出会った中で最高のものであり、仮想通貨を正当なものにする上で重要な役割を果たし、世界中の人々にとってより安全でアクセスしやすくなります」

なお、買収額は明らかにせずNeutrino社は今後もロンドンで引き続き事業を運営されるとの事です。

世界各国の規制やSEC(米証券取引委員会)のビットコインETFの承認についても疑わしい取引やハッキングなどの犯罪が争点に上がっています。

もし、それらを未然に防ぐような技術が確立され、業界の各所で採用されれば健全化が進むためSECなどの懸念を払しょくし業界の成長促進や活発化に役立つと思われます。

ほぼ同日、Coinbaseはユーザーに提供していたビットコイン支払いが可能なVISAデビットカードのサービスを4月11日に停止する事も発表していました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です