今日の情報が、明日の君をつくる。

米仮想通貨取引所コインベース、ステーブルコインDAI保有者に年2%の金利提供を発表。

仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は、ステーブルコインDAIを保有するユーザーに対し、年利2%となる金利を提供する方針であることを明らかにしました。6カ国のユーザーが対象となっています。

DAI保有者に2%の利回りを

米主要仮想通貨取引所であるCoinbase(コインベース)は7月29日の公式ブログにて、ユーザーがデジタル通貨を預けることで利息を獲得できるプログラム「Coinbase Rewards」にステーブルコインDAIを対象にすることを発表しました。

これによりDAIをCoinbase Rewardsのプラットフォームに預けたユーザーに、年間2%の利息が提供されることになります。

なお対象となるのはアメリカ・イギリス・オランダ・スペイン・フランス・オーストラリアのコインベースユーザーで日本は含まれていません。

コインベースは昨年10月にもUSDコイン(USDC)保有者に対し、同様のリワードプログラムを発表していました。

公式ブログによれば普通預金口座や国債の利回りが記録的な低水準にある中、DaiやUSDCのようなステーブルコインで利息を得ることは、Coinbaseに保有されている仮想通貨資産を使って受動的に収入を得るための代替手段として役立っていると述べています。

銀行と競合できるか?

利息を得る条件に最低1ドル分のDAIを保有することを挙げており、5日以内に初報酬が配布される予定で、以降毎日受け取れる仕組みとなっています。

なお現在2%のレートは、市場や需要も含めて定期的な再調整が施行されるとしています。USDCについても当初1.25%だったものの現在、0.15%に利息が減額されています。

このようなユーザーに利息を報酬として提供する仮想通貨取引所はコインベースだけではありません。仮想通貨ウォレットサービスや取引プラットフォームを提供しているAbraもコインベースの今回の発表のわずか1日前に同様のサービスを提供していました。

Abra Interest Accountsと呼ばれる新サービスは「BTC・ETH・USDT・USDC・PAX・TUSD」を預けるユーザーに対し、最大9%の利息を支払うものになっています。

また個人がデジタル通貨の貸し借りを行うことができ、両社よりもはるかに高い利息を提供しているDeFiプラットフォームも人気となっています。

これらは銀行などの金融機関に法定通貨を預金し、利息を獲得できることに魅力をなくした投資家にとっても非常に注目されています。ドルへの不信が高まる今、資金が流入し仮想通貨の普及がさらに加速することが期待されています。