今日の情報が、明日の君をつくる。

CoinGeckoが新たな仮想通貨取引所評価システム「Trust Score2.0」をリリース、透明性の改善を図る

仮想通貨や取引所など総合的な情報を提供しているCoinGecko(コインゲッコー)は、より信頼性の高い取引所ランキングシステム「Trust Score2.0」をリリースしました。これは仮想通貨取引所の偽の取引高が報告されているなどの問題に対処するもので、ユーザーに以前以上に透明性の高いデータをもたらします。

透明性を向上するTrust Score2.0がリリース

コインゲッコーは仮想通貨の価格や時価総額ランキング、またはICO情報や取引所ランキングなど仮想通貨市場の総合的な情報を無料で提供している企業です。CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)同様、仮想通貨トレーダーから一定の評価を得ていることで知られています。

そのコインゲッコーは仮想通貨取引所の情報の透明性をさらに向上させるため新たなランキングシステム「Trust Score2.0」を導入したことを発表しました。

過去18ヶ月間でコインゲッコーが追跡する仮想通貨取引所が706%増となる45ヵ所から363ヵ所に増えたことや、今年に入りハッキングや閉鎖が目立ち始めたことから、2019年5月には前身となるTrust Scoreを導入していました。

このシステムは取引所の水増しなどによる偽の取引高が報告されているといった問題が散見したことから導入され、オーダーブックとWebトラフィック分析を通じて正しい情報をユーザーに提供するものとなっており、実際に流動性の低い取引を避ける手段として活用されていました。

コインゲッコーはこの成功により新たに複雑な指標を絡めアップグレードさせたTrust Score2.0をリリースしたことになります。

新たに4つの測定基準が導入

今回のTrust Score2.0では流動性だけでなく

・APIの技術的能力
・運用規模
・仮想通貨の推定準備金
・規制遵守

といった新たに4つの測定基準を加味させた上で仮想通貨取引所を評価することになります。

しかしコインゲッコーの9月11日時点の公式ブログの発表によれば、現時点では50%が流動性・20%がAPIの技術的能力・30%が運用規模に基づいてTrust Score2.0が稼働していると述べています。

残りの仮想通貨の推定準備金・規制遵守の項目については含まれておらず、今後のアルゴリズム・アップデートの際に導入が検討されていると説明しています。

Trust Score2.0は既にコインゲッコーで導入されており、トレーダーはその情報をもとに取引を行うことができます。一方、コインマーケットキャップも11月から取引所ランキングに新たなシステムを導入することを発表しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です