今日の情報が、明日の君をつくる。

Cortexがブロックチェーン上で初となるAI dAppをリリースへ

dapps



2018年2月に公開されたAIとブロックチェーンの融合したアプリの開発を目指すCortex(CTXC)がブロックチェーン上では初となるAI Dapp「The Master of Digital Clash」をリリースしました。

AIとブロックチェーンの融合

Cortexは、初めてブロックチェーン上にAIアルゴリズムを実装することを目指すプロジェクトで、開発者や研究者は誰でも自分のAIモデルをスマートコントラクトを用いてブロックチェーン上にアップロードできます。

昨年9月にはマイニングのテストネットとAIスマートコントラクトのテストネットをリリースしており、メインネットのリリースを2019年第2四半期に予定しています。

Cortexの進めているようなAI開発は、今までビッグデータを持つ巨大企業が独占しがちなものでしたが、ブロックチェーンのスマートコントラクトを利用することで個人でもAIを用いた開発や機械学習が可能となり、クリエーター、ユーザー、その他の幅広いビジネスモデルに効率性と利益をもたらす事が可能となります。

初となるAI Dappをリリース

Cortexは今回、ブロックチェーン上で初となるAI Dapp「The Master of Digital Clash」をリリースしました。このゲームは開発者がCortexテストネットにアップロードしたことから始まり、それを見たCortexの開発チームも協力しながらゲームを改良していき発表される事になりました。

利用者はChromeブラウザからCortex Wallet拡張機能をダウンロードし、CortexのWalletアドレスと発行しているCTXCトークンを使用しゲームをプレイでき、開発者や利用者はCTXCトークンで報酬も貰える模様です。

AIによる予測は以前から存在していましたが、このゲームはオープンソースでAIに機械学習させる事ができる最初のAI Dappとなり、AIベースの正確な意思決定もブロックチェーン上で可能となるかもしれません。

さらにビジネス、ヘルスケア、金融など他分野での応用も可能になるかもしれずThe Master of Digital Clashの開発は大きいとも言われています。

開発者、利用者など全員が利益を得る事ができるCortexのエコシステムはAIモデルが多いほど、より効率的になるほど関係するすべての人々にとって有用性が高くなるため、ブロックチェーンテクノロジーの拡大だけでなく、地域や分野、業界にどのような影響を及ぼすのか非常に興味深いと言えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です