今日の情報が、明日の君をつくる。

Crypto.comが新たにトルコユーザーに取引サービス提供へ。アプリにトルコ語を追加。

全世界で500万人以上のユーザーを抱え、仮想通貨の包括的なサービスを提供しているCrypto.comは、プラットフォームにトルコ語を追加し、トルコの仮想通貨投資家に取引を提供することを発表しました。

トルコ向けサービス強化へ

香港に拠点を構え、仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットおよびデビットカードを提供しているCrypto.comが新たにトルコ語版アプリをリリースすることを発表しました。これは過去2ヶ月間に行ったスペイン語・フランス語・韓国語・イタリア語・ポルトガル語・中国語の追加に続くものとなっています。

トルコ語版アプリがリリースされることにより、7,500万人以上の潜在的なトルコ人の仮想通貨投資家を獲得できると推測しています。これによりCrypto.comのアプリユーザーは、7種類の法定通貨と80種類以上の仮想通貨売買が可能となりました。

Crypto.comアプリの設定または取引プラットフォームの右上の言語から、トルコ語を選択すれば変換されます。またトルコ語に対応した専用Telegramチャンネル・カスタマーサポートもアプリ内チャット・電子メール・ウェブなどもも用意されています。

トルコはホットスポット

Crypto.comのヨーロッパ担当GMであるMariana Gospodinova氏によれば、最新のアップデートでトルコを選んだ理由として、仮想通貨に対する顕著な態度が見られるからだと述べています。

「トルコは東西に位置し、市民が仮想通貨に強い親和性を持っていること、地理的な観点からも重要な市場です。」

昨年9月にはINGが実施した新技術に関する国際調査では62%のトルコ国民が「仮想通貨に対する前向きな態度」を持っているとして、ヨーロッパ諸国のリストの中でトルコがトップとなっていました。

また今年9月にも仮想通貨分析企業Chainalysisによって中東で一番普及が進んでいると評価されており、Gospodinova氏は「トルコ国民の5人に1人が仮想通貨を保有しているというデータは注目に値する」と付け加えました。

トルコでは法定通貨リラが暴落し、失業率と対外債務も高くなっているためトルコ国民は代替資産としてビットコイン(BTC)を選択しています。他にもテザー(USDT)やイーサリアム(ETH)も人気であることが分かっています。

ユーザー数が500万人を突破したCrypto.comは、5年以内にユーザー数1億人を目標に掲げています。そのため急速に仮想通貨のホットスポットになっているトルコのユーザーを取り組むことは理にかなっていると言えるでしょう。