今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインは8000ドルまでまだ遠い?主要アルトコインリップル・ビットコインキャッシュの動向は?

年末までに8,000ドル(約87.5万円)に到達すると予測されていたビットコイン(BTC)ですが、一旦は7,700ドル(約84万円)をタッチするもその後上値は重く、現在7,200ドル(78.7万円)を推移する展開となっています。一方、主要アルトコインであるリップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)も採用は進んでいるものの価格は冴えない展開が続いています。

ビットコインはこのまま下落か?上を目指すか?

Texas West Capitalの仮想通貨アナリストであるScott Melker(スコット・メルカー)氏は、ビットコインラリー(上下の小さな価格変動を伴いながら、徐々に上昇している値動き)に3つの主要なインジケーターが現れていると自身のツイッターで主張しています。

メルカー氏によればストキャスティクスRSIは上昇しているが、ビットコインの価格は週足で安値を付けており、売られすぎ水準の中で大幅な強気の乖離を生み出しているとしています。

これはビットコインのチャートの中でも4回目のことで、1回目は6,400ドル(約70万円)から9,900ドル(約108万円)にまで上昇し、2回目は3,200ドル(約35万円)から14,000ドル(約153万円)と大きな上昇を見せていました。

また3回目は数週間前に7,400ドル(約81万円)から10,400ドル(約113万円)までの上昇を予測しています。メルカー氏はビットコインが7,800ドル(約85.3万円)を超えれば実際に上昇へ転換すると予測しています。

リップルの主要ニュース

リップルは価格に関しては厳しい展開が続いていますが、プロジェクトは順調です。リップル社は先日2億ドル(約218億円)の資金調達に成功していますが、幹部であるMarcus Treacher氏によれば「2020年に人々はサービスや商品の支払い方法にブロックチェーンやXRPなどの仮想通貨を求めるようになる」と発言しています。

1つのユースケースとして海外の支払いにおいて高額な手数料を請求するデビットカードやクレジットカードに頼ることなく、旅行者はより簡単にお金を使えるようになると述べています。

ビットコインキャッシュがスロベニアのバーガーキングで採用

スロベニアあるバーガーキングはビットコインキャッシュの支払いを受け入れることを発表し、仮想通貨を受け入れた大手ファーストフードチェーンの1つとなりました。

これは仮想通貨決済業者GoCryptoとの提携によるもので、バーガーキングにてスマートフォンのQRコードを使って独自トークンであるGoCrypto token (GoC)と共にビットコインキャッシュで支払いができるようになっています。

GoCryptoのCEOのツイッターでは実際にバーガーキングでビットコインキャッシュをを使い、一瞬で支払いが完了している動画が投稿されています。