今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨ユーチューバー、詐欺師を逆に騙し慈善団体に寄付。その方法とは?

仮想通貨ユーチューバーであるBen Perrin(ベン・ぺリン)氏はネット上で仮想通貨の投資詐欺の勧誘に遭い、撃退した方法をブログで説明しています。ぺリン氏はわざと投資未経験である初心者のふりをして送金ミスをした偽のスクショなどを送り、試しに詐欺師から自分のウォレットに少額を送らせる事で詐欺師を撃退したとの事です。なお、送られたビットコインは慈善団体に寄付をしています。

ユーチューバー、仮想通貨詐欺師を撃退

ビットコイン(BTC)の簡易取引所「BULL BITCOIN(ブル・ビットコイン)」のマーケティングディレクターを務めユーチューブで仮想通貨に関する教育チャンネル「BTC Sessions」を運営しているBen Perrin(ベン・ぺリン)氏はブログの中で仮想通貨詐欺師からネット上で勧誘を受け撃退した方法をブログで説明し注意喚起を促しています。

そのブログの中ではぺリン氏のSNSにロサンゼルスのスーザン・ウィリアムズと名乗る女性から仮想通貨での投資話をダイレクト・メッセージでもちかけられたとの事です。

スーザンによるとビットコインマイニングに関する投資プラットフォームから独占的なオファーを貰ったとし、その会社がユーザーの代わりにマイニングを行ってくれ毎日ウォレットに利益が入ってくる仕組みになっていると主張しています。

その代わりにユーザーは自身のビットコインを会社のウォレットに預ける事が条件となっており、預けた金額に応じて日々の利益も変わってくるとしています。これによりわずか24時間で投資した額を倍にする事も可能だとしています。

詐欺師から50ドルを奪い、ベネズエラに寄付

しかし、スーザンに取って残念なことはメッセージを送ったぺリン氏が仮想通貨事情に詳しい事だったと言えます。

ぺリン氏はここで投資話にあえて乗っかる振りをしてインデックス・ファンドから一部を現金化し5BTCを購入したとウソをつき全くの初心者を装いました。

スーザンは気付かず2BTCを指定のウォレットに送れば24時間後に4BTCになって戻ってくるとし、指定のウォレットに預ける様に指示を出します。

そこでぺリン氏は偽物の5BTCが入っているウォレット履歴とミスをして間違って他のウォレットに送ってしまった履歴をフォトショップで作成し、スーザンにスクリーンショットを送って「違法な何かに騙されているのでは?」と不安がる初心者を演じました。

さらにぺリン氏はこの不安を解消したいとし、スーザンにテストとして少額のビットコインを送ってもらうよう提案し、交渉の結果スーザンから50ドル(約5,300円)相当分のビットコインを送ってもらいやりとりを終わらせました。

このような一連のやり取りをブログで紹介した後「投資の良い経験則はあなたの投資している資産について理解し反映させなければならない。」としビットコインによる投資・送金は不可逆的でありよく聞き、理解しないと取り戻す事は出来ないと注意喚起を促しました。

一方、詐欺師から送られた50ドル分のBTCはハイパーインフレが進むベネズエラの慈善団体に寄付しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です