今日の情報が、明日の君をつくる。

ロシアで新たな仮想通貨規制法案の枠組みが今秋にも明らかに?業界関係者からは消極的な声も。

仮想通貨の規制に対し後れを取っていたロシアですが、厳しい姿勢を維持しつつもわずかに進展が見られています。今秋にも新たな規制法案の起草される予定の一方ですが業界関係者からは「その可能性は低い」との声が挙がっています。

秋にも規制大枠が決定?

ロシアの秋の国会では「デジタル通貨関連法(DA)」が承認される予定ですが、その中には仮想通貨規制に関するフレームワークの記載が盛り込まれることになっています。

現在、仮想通貨内外の様々な団体から多くの意見が寄せられておりサプライズな内容も盛り込まれるとの予想もされていますが、業界関係者からは迅速に決定する可能性は低いと指摘されています。

仮想通貨取引所EXMOの開発責任者であるMaria Stankevich(マリア・スタンケビッチ)氏によれば、5月に提出された規制草案よりも「より良い構造と文書化されたものになる可能性がわずかにある」と述べるに留まっています。

5月には2つの規制草案がロシア議会に提出されていましたが、仮想通貨の送金や決済および情報配信を過度に禁止し違反した者や企業は罰金だけでなく最悪の場合、懲役に科されるなど中国に近い姿勢となっていました。

「EXMO、Binanceなどの独立した団体や企業を含む市場はそれぞれ独自の法律案を州議会に送ってきました。州議会がすべきことはこれらの提案をすべて統一することですが、来たる秋の国会会期中に法案の最終版が発表される可能性は低いと確信しています」

不透明さが続く可能性も

ロシアの仮想通貨協会とブロックチェーン協会の会長であるYuri Pripachkin氏もRadio1のインタビューにて秋にも新しい法案が起草される予定だと明かしています。Pripachkin氏は「ロシアが新しいデジタル世界での地位を失うことのないようにするための適切な協議文書」を協会で準備する予定です。

一方、仮想通貨法案を取り決める立場である国会委員会の金融市場責任者アナトリー・アクサコフ氏によれば、ここ数週間で秋の規制草案について繰り返し話し合っていると主張しています。

先月にもロシア中央銀行の第一副総裁セルゲイ・シュヴェツォフ氏が「仮想通貨はネズミ講やルーレットのようなギャンブルと同じだ」と発言し、投資ではないとの否定的な姿勢を見せており、膠着状態が続いています。

このように解決には程遠いのが現状ですが、これ以上の遅れと過度な規制は国内の仮想通貨の発展において致命的なものになるだろうとPripachkin氏は主張しています。なお秋の国会は12月下旬に終了する予定です。