今日の情報が、明日の君をつくる。

ランサムウェアグループのDarkside、企業から奪ったビットコインを慈善団体に寄付。

ランサムウェアによる企業へのハッキングは後を絶ちません。サイバー犯罪グループ「Darkside」のハッカーは「世界をより良い場所にする」として、奪ったビットコイン(BTC)の一部を2つの慈善団体に寄付しました。

1万ドルを寄付

これまで様々な企業から身代金として数百万ドル分のビットコイン(BTC)を奪ったとされるDarksideのハッカーは10月13日、ダークウェブ上に慈善団体へ寄付をしたとするブログを投稿しました。

世界をより良い場所にしたいとしてThe Water ProjectとChildren Internationalの2つの慈善団体に、それぞれ0.88BTC(当時の価格で約105万円)を寄付しており、証明するために領収書のスクリーンショットが添付されています。

このビットコインは企業から奪ったものですが、ハッカー達は大規模で収益性の高い企業のみをターゲットにしていると述べ、次のように付け加えています。

「企業が支払ったお金の一部が慈善団体に寄付されるのは公平だと考えています。私たちの仕事がどんなに悪いものだと思っていても、私たちは誰かの人生を変える手助けになったことを知って喜んでいます。今日、最初の寄付金を送りました。」

ランサムウェアグループとしては初の事例

Children Internationalはインド・コロンビア・ザンビア・グアテマラ・ホンジュラス・アメリカなどの国で子どもや家族およびコミュニティを支援している団体ですが、広報担当者は寄付金が盗まれたものである場合「保管するつもりはない」とコメントしています。

一方、サハラ以南のアフリカできれいな水を提供するプロジェクトであるThe Water Projectはコメントを出してはいません。

この出来事は法的にも道徳的にも厄介なものであり、関係者は困惑する様相を見せています。サイバーセキュリティ会社Emsisoftの脅威アナリストであるブレット・キャロウ氏は、ランサムウェアグループが利益の一部を寄付したのは、今回が初めての事例だと述べています。

なおキャロウ氏は、Darksideが仮想通貨ユーザーが様々な寄付団体へ寄付できるプラットフォーム「The Giving Block」を利用して寄付を行っていることを明らかにし、次のように述べました。

「犯罪者が寄付をすることによって何を達成しようとしているのか、全くわかりません。罪悪感を和らげるのに役立つのか、あるいはロビン・フッドのような人物として認識されたいのかもしれません。」

一方、The Giving Blockは寄付金の経緯を調査中だとして、もし企業から奪ったものと判明した場合には正当な所有者へ返還する作業を開始すると述べました。