今日の情報が、明日の君をつくる。

ダークウェブ上で違法薬物を販売していたコスタリカの薬剤師ら2人が起訴。約24000BTCを稼ぐ。

コスタリカ在住の2人が資金洗浄と違法薬物販売を含む7つの容疑で起訴されました。2人はダークウェブ上で違法薬物を販売しており、顧客は仮想通貨で支払っていたことにより23903BTCもの利益を上げていました。

違法薬物販売などで23903BTC稼ぐ

米司法省は8月4日のプレスリリースにてワシントンDCの大陪審により、中央アメリカ南部に位置するコスタリカ在住のDavid Pate(デビッド・ペイト)容疑者と、同じくコスタリカで薬剤師を務めていたJose Hou(ジョセ・ホウ)容疑者の2人を起訴したと報告しました。

2人はシルクロードなど複数のダークウェブでオピオイドなどの違法薬物を販売しており、代金はビットコイン(BTC)で支払われていました。

この違法薬物販売の罪の他、規制物質の頒布の共謀・規制物質の頒布・規制物質の輸入の共謀・マネーロンダリングの共謀・金融商品のロンダリングの罪など合計7つの罪で起訴されています。

ペイト容疑者はパナマで薬剤師として勤務しているホウ容疑者から、オキシコドンとモルヒネを購入した後、コスタリカからマラカスなどの観光客向けのお土産の中に隠し、アメリカの共謀者に送っていました。

共謀者がダークウェブで購入した顧客に届け、受け取った顧客はペイト容疑者へビットコインを支払う流れになっていたことが分かっています。

このスキームによりペイト容疑者はこれまでに合計23,903BTCを稼いでいました。現在の価格で約2億7900万ドル(約295億円)と膨大な額となります。

巨額なビットコインの行方は

今回の事件は税務管理や金融犯罪の調査を担当する連邦法執行機関IRS-CIのサイバー犯罪対策チームとDEA(米麻薬取締局)および米国郵政検査局によって解決されました。また司法省の国際問題局とコスタリカ当局が捜査を支援しています。

マイケル・シャーウィン連邦検事代行によれば、今回の起訴は犯罪者が違法行為を隠すために、ダークウェブや仮想通貨を使うことはできないという警告にならなければならないと主張しています。

販売していたオキシコドンやオピオイドなどの違法薬物は、粉砕した後で吸入または注入することができ、若者にも人気のため問題となっています。IRS-CIはこれらの蔓延は「この国の家族関係を壊す」として注意喚起していました。

なお今回の23,903BTCについては現在どこにあるのか?どう処分されるか?などは明らかになっていません。以前シルクロード創設者ロス・ウルブリヒト氏から押収したビットコインは、政府によってオークションにかけられベンチャーキャピタルのティム・ドレイパー氏に落札されていました。