今日の情報が、明日の君をつくる。

分散型取引所(DEX)とは?ハッキングリスクなしって本当?分散型取引所(DEX)について徹底解説!

仮想通貨の売買ができるところを「仮想通貨取引所」と言います。

国内の仮想通貨取引所としては、bitFlyer(ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)、bitbank.cc(ビットバンク)」などが有名でしょう。

これらの取引所は顧客の秘密鍵を取引所内にて一括管理している中央集権型の取引所となります。

中央集権型取引所にはメリットもあればデメリットもあります。特にハッキング事件に関しては、中央集権型取引所の致命的な欠点が原因だと見られています。

今回は、中央集権型取引所のデメリットを解消してくれる「分散型取引所(DEX)」について解説していきます。

中央集権型取引所のデメリット

 
分散型取引所の特徴を解説する前に、中央集権型取引所のデメリットについて少し詳しく解説していきます。

仮想通貨取引を行うには、取引所にてアカウントを登録し口座開設をする必要があります。取引所にて口座を開設すると、仮想通貨ウォレットが自動で作成される仕組みです。

取引所にて管理される仮想通貨ウォレットですが、ウォレット内では実際に仮想通貨を保管しているわけではなく、仮想通貨の引き出しに必要な「秘密鍵」が保管されています。

2018年1月にcoincheckで発生したNEMの流出事件では、取引所にて保管されている顧客の秘密鍵がオンライン上のホットウォレットにて保管されており、そのホットウォレットがハッキングされたことで通貨の流出が起きてしまいました。

ここが中央集権型取引所のデメリットです。一箇所に集中して管理をおこなっているために、取引所の管理体制によっては顧客の資産が一気に流出してしまうことになるのです。

次に解説する分散型取引所では、これらのデメリットを解決することができる仕組みが作られています。

中央集権型取引所のデメリット:集中して管理をおこなっているため、管理体制によっては顧客の資産が一気に流出する可能性を持っている。

分散型取引所の特徴

 
まず、分散型取引所の特徴について解説していきます。

分散型取引所では顧客の秘密鍵を管理していません。秘密鍵については、取引所にアクセスしているユーザー本人が「自己管理」する仕組みとなっています。さらに取引所の運営にブロックチェーン技術を利用し、P2Pによる情報管理が行われています。そのため、アクセスが集中してサーバがダウンしたり、ハッキングによる取引所情報の改ざんが発生するリスクがありません。

ただし、メリットばかりでなく、デメリットも存在しています。1つ目は、取引所としての歴史が浅いために利用者が少なく、取引板が薄いこと。2つ目は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを利用して運営している取引所なので、取引を行う度に手数料であるGAS(ガス)が発生することです。ガスに関しては、イーサリアムの送金詰まりなどが起こった場合に価格が高騰する可能性があるので、十分に注意が必要となっています。

現在はイーサリアムの送金詰まりなどは改善されているため、1つ目の問題がより大きなデメリットとなっています。しかし、このデメリットは利用者が少ないために発生している問題です。取引所のセキュリティ技術が注目され、今後さらに注目が高まり利用者が増えれば、これらの問題は解決されると予想されています。

分散型取引所のメリット:秘密鍵を自身で管理ができ、ブロックチェーン技術を利用し、P2Pによる情報管理が行われているため、サーバがダウンしたり、ハッキングによる取引所情報の改ざんが発生するリスクがありません。

分散型取引所のデメリット:利用者が少なく、取引板が薄い。また、イーサリアムブロックチェーンを利用して運営している取引所の場合、取引を行う度に手数料であるGAS(ガス)が必要となります。

主な分散型取引所を紹介

 
ここからは、主な分散型取引所について紹介していきます。イーサリアムプラットフォームを採用している取引所がメインなので、取引所を利用する際は、イーサリアムを購入しておきましょう。

また、フィッシィング詐欺対策にもなるイーサウォレット「Meta Mask(メタマスク)」がGoogle Chromeの拡張機能に存在しているので、インストールしておくと良いでしょう。

Ether Delta(イーサデルタ)

イーサリアムプラットフォームを採用している分散型取引所で、イーサリアムブロックチェーン上のトークンは全て取引することができます。基軸通貨はETHで、ETH以外のトークン対トークンでも取引することが可能です。

https://etherdelta.com/

Kyber Network(カイバーネットワーク)

ICOを通して、日本円にして約50億円もの資金調達に成功したDEXのプロジェクトです。イーサリアムのスマートコントラクト技術を利用することによる、利便性の高い分散型取引所の設立を目的としています。

https://kyber.network/

まとめ

分散型取引所であるDEXは、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン技術を用いることで取引所の運営を行っています。取引所を利用するときは、国内仮想通貨取引所などで口座開設をして、イーサリアムを購入しておきましょう。

イーサウォレットは、Meta Mask(メタマスク)がオススメです。仮想通貨界隈にて流行したフィッシング詐欺の対策にもなりますし、DEXと同期させることで利便性が向上します。

2018年12月現在、仮想通貨相場が下落気味であることから取引するユーザーは減少気味であるものの、取引所のセキュリティ技術などに注目が高まると同時にDEXへの注目も高まる可能性が高いので、将来的には利用するユーザーが増えることが期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です