今日の情報が、明日の君をつくる。

DEX取引量が70%の大幅増加、2つの取引所がリード

分散型取引所(DEX)の2020年6月のアクティビティが2020年5月から70%の成長を遂げたことが、Dune Analyticsの報告から明らかとなりました。

DEX取引量が大幅増加

Dune Analyticsによると、DEXの取引量は2020年5月で8億9420万ドルでしたが、2020年6月では15億ドルとなっています。DEXの取引量が10億ドルを超えて増加したのは、今年に入ってから2回目です。2020年3月には10億5000万ドルの取引量を記録しました。3月から比較すると、6月の取引量は43%上昇しています。また、もちろん前年度と比較しても取引量の大幅な増加となっています。

2つの取引所が取引量をリード

この取引量の急上昇をリードしているのは、UniswapとCurveの存在が大きいと分析されています。Curveの取引量は6月で3億4040万ドルとなっており、5月の取引量である3800万ドルと比較すると大幅に上昇していることが分かります。また、Uniswapにおいても、2019年第1四半期よりも2020年第1四半期の方が225%も多く資金がスワップされている状態です。さらに注目すべき点は、DEX全体のボリュームを2つの取引所だけで55%も占めていることでしょう。

DEXの魅力はユーザーが秘密鍵を保持できることです。これによって、一般的な取引所よりもセキュリティ面が向上します。こうした点から、将来的に仮想通貨交換の中心となることが期待されています。