今日の情報が、明日の君をつくる。

ハッキングのリスクは常に付きまとうが、仮想通貨は世界中に広がっている




仮想通貨はかつてコンピューターオタクか、日陰者のビジネスをしている人にしか知られていませんでしたが、今では、多くの人が認識を持つものへと変化しました。

仮想通貨の普及と危険性

Kaspersky Labは最近、世界の人口の1%が仮想通貨を利用していることを指摘しました。残念ながら、サイバー犯罪者もまた、仮想通貨取引所と投資家を攻撃することで、この使用量の増加を利用しています。

これは、この比較的新しい技術のセキュリティを悪用するために新しい攻撃戦術を工夫することはハッカーの仕事であるため、この自由に利用できる技術に投資された人々のお金は、奪われる危険性を常に持っているということです。

仮想通貨の送金を処理することができるコンピューターシステムを利用することで、多くの事業所が顧客に仮想通貨での支払いを可能にする選択肢を与え始めています。

大きいスポーツチームが仮想通貨取引所とコラボレーションしています。それは、仮想通貨に興味を持ち、仮想通貨に投資して使用する意思があるということです。しかし、ハッカーによる絶え間ない攻撃にさらされるリスクをとることにもなるため、お金が盗まれる危険性もあります。

仮想通貨利用に必要なセーフティネット

2005年にBitfinexで12万BTCが複数のウォレットから盗まれたり、2018年にCoincheckが5,300万ドルを失った時の例が示しているように、サイバー犯罪者がネットワークにアクセスして、取り返しのつかない大規模な破壊を起こすのは簡単です。

仮想通貨取引所がハッキングされ、そのすべてのお金が盗まれた場合、関係者に1Satoshiも返金されることがないと考えることは非常に怖いことです。

独自のICOを行っているスタートアップや新興企業は、統計によれば、これらの企業の運営者は、サイバーセキュリティの経験が希薄なため、より大きなリスクを抱えています。不幸にもハッカーから攻撃された暁には、この経験のなさにより、適切な対応ができない可能性を持つといいます。

これまでの最大の問題点は、まだ仮想通貨ネットワークに適切な規制がなく、標準のセキュリティ評価基準が設定されていないことも挙げられるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です