Merokoのサイトをリニューアルしました!

イオストークン(EOS)とは?初心者にもわかるEOS

みなさんは「イオストークン(EOS)」という仮想通貨をご存知ですが?仮想通貨FXの取引ができることで有名な海外取引所BitMEXに上場した際に、価格が大きく上昇したことでさらに有名となりました。

イオストークン(EOS)は、そのアルトコインの一種であり、トークンと呼ばれる部類になります。アルトコインを簡単に解説すると、ビットコイン(BTC)の弱点(欠点)を改善しようと試み、イーサリアム(ETH)をベースに開発されました。

今回は、イオストークン(EOS)の特徴や仕組みなどについて解説していきます。

イオストークン(EOS)の誕生

EOSは、2017年6月にICO(企業の資金集め)を開始し、ICO開始から約20時間で16億円を集めたことで注目を集めました。ICOの期間は2018年6月1日までと、1年間の期間があり、2018年1月までに7億ドルの資金調達に成功しています。

後ほど特徴を解説するのですが、EOS自体には価値がないという声も上がっています。しかし、一時3倍までに跳ね上がり、時価総額はトップ5に入るほどの人気ぶりです。

次は、EOSの特徴について解説していきます。

イオストークン(EOS)の仕組みや特徴とは?

それではイオストークン(EOS)の特徴について、解説していきます。EOSはICO段階では、資金調達の為にイーサリアムをベースとした、ERC20の規格を採用していましたが、2018年6月2日メインネットローンチによって、イーサリアムのブロックチェーンから完全に切り離され独立しました。トークンですが、アルトコインに変わりはありません。発行枚数の上限は9億枚となっており、現在は9割以上が流通しています。

時価総額は全仮想通貨の中で最高第5位となっており、EOSの正式リリースは2017年6月26日となっています。開発者はダン・ラリマー氏で、EOSについて「パソコンのOSみたいな物」と語っています。

と言っても、EOS自体にはなんの価値もなく、ICOの段階で販売したトークンは資金調達のためだけに作られた仮想通貨であり、ホワイトペーパーにも記載されています。ではなぜEOSは購入され、時価総額トップ5にまで上り詰めたのでしょうか?

EOSのプロジェクトでは、スマートコントラクトを利用した、分散型アプリケーション(Dapps)の構築を目指しています。スマートコントラクトによる取引の簡易化を実現させることにより、契約における低コスト化とスピード化、安全性の確保が可能になります。

なので将来的には、企業の業務をサポートするためのツールとして役割を担うことが期待されていることがわかります。

さらにEOSのメインネットは2018年6月2日にローンチしましたが、EOSソフトウェアは現在流通しているEOSを、「新たに作られるEOSプラットフォーム上のトークンに紐付けることができる」としています。ですので、EOSを保有しておくことで、メインネットローンチ後、今後機能を発揮するEOSのエアドロップをもらうことができました。

取引所内のウォレットに保管しておくことで、同数の価値があるEOSに自動で変換されました。

イオストークン(EOS)のメインローンチ後について

そして、肝心なメインローンチ後に配布されたイオストークン(EOS)の特徴ですが、1秒間で数百万のトランザクションを処理する能力があります。BTCのトランザクションは1秒間で3となっていますので、どれだけ処理能力が高いかは一目瞭然となっています。

さらにBTCの送金などで発生する手数料がEOSでは無料となっており、取引量の多い大口投資家にとっては大きなメリットとなっています。EOSのコンセンサスアルゴリズムは「BFT-DPOS」と呼ばれる特殊なモノとなっています。

DPoSはPoSの改良版で、リップル(XRP)のコンセンサスアルゴリズムであるPoCと似た特徴となっています。EOSではスーパーノード数を21として、21個のブロック毎に変化して、変更するたびにスーパーノードをEOS保有者が投票により決定します。

まとめ

イオストークン(EOS)は、資金調達のための仮想通貨だったため、トークン自体に元々価値はありませんでした。しかし現在はスマートコントラクトを利用したDapps構築を目指しており、その技術の高さから今後の使われ方に期待されていることから人気の通貨となっています。

しかし、EOSは国内取引所にて取り扱われていないため、海外取引所にて取引を行う必要があります。BINANCEにて取り扱われているため、取引所が突然閉鎖することはほぼありません。ですが、いつ日本人投資家が取引できなくなるか分かりません。

長期間取引を行わない場合は、イーサウォレットなどご自身のウォレットで保管することをオススメします。

BINANCE口座開設はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です