今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨イーサリアムクラシックに起きた再編成(リオーグ)は、51%攻撃ではなく1人のマイナーによるもの

イーサリアムクラシック(ETC)に起きた3000ブロックを超えるブロックチェーンの再編成(reorg)の原因ですが、1人のマイナーが引き起こした事故であり懸念されていた51%攻撃の可能性は極めて低いと報告されています。

イーサリアムクラシックに再編成

8月1日、仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)にて10,904,146ブロックに到達した際に再編成(reorg)が起きました。分析企業などからはノード同期も停止していたことから51%攻撃も指摘され、各取引所でも入出金が停止する事態となっていました。

その後イーサリアムクラシック開発者によって報告されたレポートによれば、原因はマイニング中にインターネットのネットワークに問題があり、オフラインになっていたマイナーによるものであることが判明しています。

再編成(reorg)とはメインのチェーンと分岐したチェーン、どちらか1つに統合するもので通常、長い履歴が残るチェーンの方に統合されます。ハッシュパワーの過半数を獲得することで正統なチェーンとしての役割を引き継ぎます。

そのため51%攻撃など悪意ある攻撃によりチェーンを乗っ取り、不正取引や2重支払いを起こす手口が懸念されています。発生した場合、その通貨の信用性が損なわれ価格暴落につながります。

イーサリアムクラシックは2019年1月にも51%攻撃を受け、再編成が発生していました。Coinbaseでは約46万ドル(約4880万円)分となる88,500ETCに不正な二重送金が確認されていました。

約12時間マイニングされてない可能性

レポートによれば違反したマイナーはオフラインのまま約12時間、マイニングを行っており途中でオンラインになると3693ブロックに再編成が発生したとのことです。このチェーンの再編成は大規模なため処理できず、ネットワーク同期が不可能になってしまいました。

またこのマイナーは古いソフトウェアを使用していたことも判明していますが、該当する12時間マイニングされてなかった可能性も指摘されています。

現在同期は正常に行われノードも処理されています。一方イーサリアムクラシック開発者は7月31日~8月1日に取引したユーザーに対し、正常に行われたか確認するよう呼び掛けています。

51%攻撃の可能性については可能性はあるものの、積極的に悪意があるとは見られないと結論付けていますが今も検証は続いています。

イーサリアムクラシックのマイナーについてはPoWプロトコルに従っており、再編成されたチェーンが最も長いチェーンであるため、そのままチェーンをマイニングし続けるよう呼びかけました。