今日の情報が、明日の君をつくる。

トレーディングサービスeToroがリリースするトレーダーの取引を自動コピーできるサービス「CopyTrader」とは?

SNSトレーディングサービスを提供している人気取引プラットフォームeToro(イートロ)では、仮想通貨トレーダーの全取引をコピーできるサービス「CopyTrader」が人気となっています。

取引の全自動コピーCopyTrader

ソーシャルトレーディングプラットフォームのeToro(イートロ)では、米国居住者向けにCopyTraderと呼ばれるサービスが提供されています。

CopyTraderではすでに実績のあるプロトレーダーの仮想通貨取引をコピーし、全自動で代わりに取引を行ってくれるため、経験の少ないユーザーでも参加することができます。

そのため合法的に無料でプロトレーダーの手法や戦略を学んだり、彼らが市場を監視し続けている間に自身のビジネスを進めていくことも可能です。

eToroはすべての人にアクセスしやすい取引を提供するべく、2007年に誕生しました。プラットフォームは安全性が高いとされ、欧州ではキプロス証券取引委員会、英国では金融行動庁、オーストラリアではオーストラリア証券投資委員会の規制に準拠しています。

様々なオプションも提供

2019年のeToroの登録ユーザー数は米国を含む140カ国以上で1,200万人に達し、1年の取引量は1兆ドル(約105兆円)を誇っています。そのためコピーできる人気投資家リストも増えてきており、どのトレーダーに資金を預けるか比較することができます。

CopyTraderを使用するにはメインメニューのタブをクリックすれば、eToro内でトップパフォーマンスと最もコピーされたトレーダーを表示することができます。コピーする際には1人あたり最低200ドル(約21170円)を入金する必要があり、1度に100人のトレーダーをコピーすることができます。

またトレーダーのコピーを自動的に停止するストップロス機能など、多くの優れた機能が組み込まれているほか、現時点のポジションや今後の取引および今後の取引だけをコピーするかを選択することも可能です。

eToroの役員であるGuy Hirsch氏は「CopyTraderは、誰でも簡単かつ透明な方法で利益を出すのに役立ちます。仮想通貨取引を利用するユーザーは実績のある投資家を探しコピーのボタンを押すだけで、同じ取引を自動的に実行できるようになった。」と述べています。

他にもeToroではTwitter上でのつぶやきの多い銘柄をアドバイスしてくれる投資商品「TheTIE-LongOnly CopyPortfolio」をリリースするなど意欲的な姿勢を示しています。年内にも独自のデビットカードを発行する予定となっています。