今日の情報が、明日の君をつくる。

Bitpandaの調査:ヨーロッパ17ヶ国の仮想通貨保有者、5人に1人が女性と判明

人気プラットフォームの「Bitpanda(ビットパンダ)」は、欧州17ヶ国に渡り仮想通貨保有者に関する調査を行ったレポートを発表しました。今回の調査では若い高学歴な男性がもっとも保有している割合が多かった事が分かった他、仮想通貨保有者の内5人に1人が女性である事も明らかとなっています。

欧州の仮想通貨保有者調査レポートが発表

オーストラリアのフィーンに拠点を構えるビットパンダは、ロンドンの市場調査会社「GlobalWebIndex」と提携し、ヨーロッパ17ヶ国、12万人に渡り仮想通貨保有者に関する調査を行ったレポートを7月31日に発表しました。

主な調査結果は次の通りとなっています。

・ヨーロッパの仮想通貨保有者の典型的な傾向として、IT、エンジニア、金融センターで働く若年の高収入・高学歴なフリーランスの男性が一般的。
・仮想通貨保有者の78%が男性、22%が女性。
・25~34歳の年齢層が多い。
・54%が大学の学位を持っていない。

このように、仮想通貨保有者のうち5人に1人が女性で、そのうち40%が35歳を超えており、男性と比較して年齢層が割と高い傾向である事が伺える結果となりました。この調査結果を踏まえ、他社の仮想通貨保有者には男性が多いとする調査結果に異議を唱えています。

また今回のレポートでは、仮想通貨保有者は最新の技術知識に強く関連製品を評価し、プライバシーを守ろうとする傾向強いと述べています。またその一方で、目新たしさを追求しリスクを取り経済的エンパワーメントの強い意識を持っているとも伝えました。

ロンドンの仮想通貨保有者がトップ

仮想通貨保有者の多い都市は

1.ロンドン(イギリス)
2.チューリッヒ(スイス)
3.ダブリン(アイルランド)
4.ウィーン(オーストリア)
5.ストックホルム(スウェーデン)

今回の調査の目的は、「ヨーロッパの仮想通貨投資家の全体像の把握」と「一般の投資家と一線を画く態度や行動についての洞察を提供する事」だとしています。

GlobalWebIndexの最高研究責任者であるJason Mander氏によれば、仮想通貨保有者の男女間の態度に関しては差がほとんどなく、一般大衆と比較しても違いはわずかだとしています。

ビットパンダのCEOであるEric Demuth氏は、今回のレポートは仮想通貨業界を形成している人々を分かりやすく説明出来ればと作成したと明かしています。

ビットパンダはビットコインBTC)やイーサリアムETH)を含む20種類のデジタル資産を取引できるサービスを提供しており、100万人以上のユーザーを持つ人気のプラットフォームとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です