今日の情報が、明日の君をつくる。

オランダの裁判所がフェイスブックに広告削除命令、著名人の画像悪用が原因

オランダの裁判所がフェイスブックに対して、ビットコイン詐欺に関連した広告を削除する命令を出しました。著名人の画像悪用が原因となったようです。

オランダの裁判所がフェイスブックに広告削除命令

フェイスブック上の広告に自身の画像が悪用されたとして訴訟を起こしたのは、オランダの億万長者ジョン・デ・モル氏です。モル氏は、オランダでは有名なテレビプロデューサーとして知られています。

モル氏は度重なる削除申請を出したにも関わらず、フェイスブック側が一向に対応しなかったと主張しています。また、これによって約180万ドルの被害が出たことを指摘し、フェイスブックは詐欺に関連した個人の情報をすべて提供すべきだと見解を示しました。

この点に関しては裁判所も同じ見解を持っており、フェイスブックに対して広告の削除を要請するだけでなく、広告に関わった個人の情報を提供するよう求めました。

仮にフェイスブックがこの要求を拒んだ場合、最大で120万ドルの罰金を支払う必要があります。

フェイスブック「法的措置を検討している」

こうしたモル氏や裁判所の要求に対して、フェイスブックはすでに広告を削除した点を強調したうえで、訴訟を含めたすべての法的措置を検討しているとコメントしています。また、フィスブックのスポークスマンは詐欺に関連した広告と戦う姿勢を強調したうえで、今回の裁判について以下のように述べました。

「重要なことは、この裁判の結果が、詐欺広告と戦う私たちのコミットメントを変えるものではないことです。こうした広告がフェイスブック上に存在しないとは断言できませんが、見つかり次第すぐに削除する方針でいます」

フェイスブックは2018年1月頃から、仮想通貨に関連した広告を禁止していました。ただし、この期間はわずか数ヶ月であり、ふたたび広告を掲載する意向を示しています。

フェイスブックは、独自開発の仮想通貨Libra(リブラ)のホワイトペーパーを公開した事でも大きな話題を集めています。