今日の情報が、明日の君をつくる。

大手SNS「Facebook」による仮想通貨プロジェクトは銀行に取って代わるのか?

仮想通貨ユーザーにとって直近の最大の関心事といえば大手SNSの一つであるFacebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクトでしょう。今月中にも「Libra(リブラ)」と称された同プロジェクトについての詳細が発表される見込みとされていますが、既に多くの憶測が出回っています。その中でも果たしてフェイスブックが大手銀行に取って代われるのかについて、注目が集まっています。

Facebookが新たな金融システムを構築する可能性

大手SNSの1つであるフェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」のホワイトペーパーが、今月18日にも公開されるとしています。一部からは「GlobalCoin(グローバルコイン)」とも呼ばれているこのコインは、大多数の仮想通貨が既存の金融システムを崩壊させ新たなモデルの確立を目指している中で、世界最大の銀行になるかもしれません。

仮想通貨の格付けを行っている米企業「Weiss Crypto Ratings」のアナリストによれば、フェイスブックが追随するモデルとしてAli Pay(アリペイ)が最も近いだろうと分析しています。

既にアリペイでは短期間での金融市場への投資や消費者向け金融などあらゆることができるため、既存の銀行との実質的な違いは無く、リブラもこれに倣うものになるだろうと予測されています。

傘下のチャットアプリであるWhatAppやメッセンジャーなどを利用して気軽に送金が可能となればかなりの利便性がもたらされる事は間違いなく、またフェイスブックは利用者も多いため、巨大な金融ネットワークを築き仮想通貨市場の活性化に繋がると予想されます。

中央集権化の懸念も

これはビットコインBTC)の持つ、銀行の必要性を無くし、口座を持てない人々にも金融セキュリティを拡大化させる事が可能となる設計とは相反するものとなるかもしれません。ビットコインのネットワークは分散化されており、第三者の介入が無いため信頼性の高いシステムとなっています。

しかし、フェイスブックの銀行化が進んだ場合、ユーザーは資産を第三者に預け管理する必要があり、中央主権型の既存の銀行のシステムとなんら変わらないとした意見も出てきています。

これは、グローバルコインは分散型ネットワークであると予想されるものの、結局はユーザーがどのように通貨を使い、受け取り、保有しているかをフェイスブック側がコントロールする可能性が高いためとされています。

このように、他アルトコインを一掃させ仮想通貨の新しい可能性を切り開くと期待されるリブラですが、単純に新たな銀行が設立されるだけとする意見も出てきており、今後の詳細の発表が待たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です