今日の情報が、明日の君をつくる。

米ステーキハウスがブロックチェーンで食肉の透明性向上を図る

アメリカに本拠を構え世界中に店舗を展開するステーキハウス「Fogo de Chao」は、客に提供する牛肉のサプライチェーンの追跡を可能にするためブロックチェーン技術を導入する事を発表しました。これによりステーキハウスの利用者は、安心して食事を楽しむ事ができます。

ステーキハウスがブロックチェーン導入へ

テキサス州に本拠を構え、メキシコや中東などにも展開しているブラジルステーキハウス「Fogo de Chao」は、提供する牛肉を牧場からテーブルに並ぶまで追跡できるようにブロックチェーン技術を導入する事を発表しました。

これにより、牧場経営者は牛の行動や健康を管理でき、レストラン側も仕入れた牛肉が一体どこから来ているものなのか追跡する事が可能となります。また、レストラン利用者にとっても自身のスマートフォンでこれらの情報にアクセスできるため、三者間にメリットがある事が予想されます。

「Fogo de Chao」のこの取り組みが実現したのは、同じくテキサス州に本拠を構える農業技術関連のスタートアップ企業「HerdX」社との提携によるもので、ブロックチェーン技術を導入することで食品の透明性と安全性を向上させる狙いがあります。

QRコードでステーキの安全性を

「HerdX」の最高技術責任者であるオースティン・アダムス(Austin Adams)氏によれば、このプラットフォームが稼働すればレストランのメニューにはQRコードが表示され、レストラン利用者はアプリを利用し提供された牛肉の情報にアクセスできるようになると伝えています。

ブロックチェーンに基づいた同アプリでは、牛がいつどこで生まれたか、どのように育ったか、いつレストランに到着したかなど詳細な情報を手に入れることができます。またこのシステム導入による別途料金の加算などはないとも述べています。

「Fogo de Chao」のCEOであるバリー・マッゴーワン(Barry McGowan)氏は、次の様に述べています。

「私達は安全な食品の1つを手に入れる事ができました。テクノロジーは語りかけようとしています。そして今、ブロックチェーンによりそのスピードが加速するでしょう」

なお、このブロックチェーンによるシステムの導入はテキサス州ダラスにある「Fogo de Chao」の3店舗でテストを始め、6~9ヶ月以内に残りの52店舗全てに拡大していく予定とされています。

現在、食品偽装の問題がたびたび取りざたされています。ブロックチェーン技術で消費者が直接、食品の情報にアクセスできるのは確かに安全性と透明性の向上に繋がる事が予想されますが、実際に店舗でどのくらい利用者がいるのかが課題となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です