1. HOME
  2. Topics
  3. 【WOWOO突撃インタビュー】CEO Fujimaru Nichols 氏 編

【WOWOO突撃インタビュー】CEO Fujimaru Nichols 氏 編


Today’s special guest

Fujimaru Nichols(フジマル ニコルス)
CEO / Wowoo Pte. Ltd.

Fujimaru Nichols氏は、環境経済とブロックチェーンに携わる起業家であり活動家です。
2013年にブロックチェーンと出会い、環境問題の解決策を模索するためにブロックチェーンの研究に着手。現在は、日本の上場企業であるオウケイウェイヴ社の子会社(OKfinc LTD.)が資本提携契約を行うWowoo Pte. LtdのCEOとして活躍されています。
2017年、同社により実施されたWowbit(WWB)のICOは数分で完売し資金調達に成功。その後、2018年5月に大手仮想通貨取引所「Bit-Z」に上場し、今もなお世界中から高い注目を集めています。

Wowwo基本情報
公式サイト:https://wowoonet.com/
Twitter:https://twitter.com/WowooHQ
Telegram:https://t.me/wowooofficial

仕事に関する質問

 

ニコルスさん、一つ目の質問なんだけど、
このプロジェクトを始める前はどんな仕事をしてたの?営業系?テック系?それとも職人さん?一体ナニモンなんですか?』

 
 

よく聞かれる質問ですね。
私は元々環境問題に関心があったため、水質汚染や大気汚染に取り組む事業の海外展開に携わったことが、事業の立ち上げという部分においてのスタートラインかもしれませんね。

その経験を基に、企業の通訳や海外進出支援などを行うコンサルティングを行うようになり、様々な業種や世界に触れた事が自分の経験値を大きく上げてくれました。

そこから、仮想通貨投資をきっかけにブロックチェーンの可能性に気づき、環境に良い活動の新たなマネタイズ方法を考えるようになりました。

そこで産声をあげたのが“Wowoo”です。

 

 

“環境問題”に対する取り組みの延長が“Wowoo”ですか。。。
『プロジェクトとの接点や共通点がまだ見えてこないから、もうちょっと詳しく教えて。じゃぁ、Wowooがもたらす影響力によって環境問題がどう変わっていくのかな?そしてその実現は何年後を想定してる?

 
 

最終的なゴールは環境問題に限らず、文化や宗教観を越えて人から感謝や感動されるような行為が正当に評価され、それに応じてベーシックインカムのような収入が得られるようなオプションを世界の人々に提供することです。

法定通貨ベースだと豊かとは言えないとしても、「私は様々なサービスと交換できるトークンをたくさんもっているので普段の生活に困らないよ」というような状況を世界のスタンダードにしたいという思いでプロジェクトを運営しています。

仮想通貨が「お金」のあり方について改めて考えさせてくれた影響もあり、それほど遠くない未来にはトークンエコノミーという概念が浸透していくと考えています。

3年後にはポピュラーな文化として成立させたいと考えています。

 

 

わかった!“環境問題”というミクロなテーマではなく、”人を助ける” というマクロなテーマに、Wowooを通じてチャレンジしてるって事なんだね。すごいスケールですね!ところで、
『これまでプロジェクトを進めてくる中で、嬉しかったこと、辛かったこと、あるんじゃない?』

 
 

ブロックチェーン技術の汎用性もあり、様々な業種の方との接点を得られる点は非常に楽しいものです。

医療やエンターテインメント、政治など、すでに関係のあるプロジェクトだけでも、数年前の自分には全く予想できなかった業種に多少なりとも関われていることは刺激が多く、幸せに思います。

辛いと感じることはありませんが、プロジェクトの内容や意図がエンドユーザーまで伝わりづらい点については自分の未熟さを感じます。

そして、その気持ちが、一見きれい事に聞こえる事でも、やり方によっては大いに人の役に立つプロジェクトに化ける可能性があること、そしてそれはマネタイズという観点においても持続可能であることを、いち早く証明しようという後押しになっています。

 

 

世界中飛び回っているから私のような凡人(ゴリラ)には知り得ない世界も見てるんでしょうね、羨ましい!
“伝える”“伝わる”がイコールになる努力は、どこの世界でも一緒だね。
様々な業務があると思うけど、 『仕事をする上で一番大切にしていることは何ですか?』

 
 

既存経済の仕組みや社会構成は尊重しつつも、常に1つ上のレイヤーへと移行するビジョンを持つようにしています。

戦争や環境汚染など、現代の私達が抱える多くの問題を解決する手がかりはブロックチェーンにあると考えているので、なにをするにも意識するようにしています。

 

 

これもよく聞かれる質問だと思うんだけど、
仮想通貨業界の未来をどのように考えていますか?』

 
 

法定通貨が無くなり、完全に仮想通貨に置き換わることはないと考えていますが、少なくとも若者や海外へよく行かれる方々の決済、それから価値の保存としての利用等も年々増えていくと思っています。

国絡みでもっと大掛かりな仮想通貨の決済方法が生まれると、一気に利用される分野が広がると思います。

 
 

やっぱり国のガイドラインが整う事で、大きなムーブメントが起こるという事だよね。
様々なプロジェクトが切磋琢磨している現状だけど、
このプロジェクトは凄いな!と思う他のプロジェクトはありますか?その理由も教えて?』

 
 

たくさんの素晴らしいプロジェクトがあるとお聞きします。

しかし、なるべく注意して他のプロジェクトも注目するようにしていますが、まだ、「これはすごいな!」と心底思うようなプロジェクトには個人的には出会えていないですね。

 
 

仕事についての最後の質問です!
『ニコルスさんにとって憧れの経営者とは?その理由は?』

 
 

先日アメリカワシントンでCPACというイベントに参加してきたのですが、トランプ現大統領は改めてすごいなと感じました。

政治思想ではなく、リーダーとしての手腕は尊敬しました。

 

プライベートに関する質問

 

ここから少しプライベートな質問をさせてください!恥ずかしかったら無回答でもOKですよ!笑
『ニコルスさんにとってヒーローは誰ですか?その理由は?』

 
 

地球とすべての母親と子どもたち。

時として酷いことを無邪気にする子ども(大人)に対して、優しく寄り添ってくれる姿勢にはいつも感動します。

ただし、いつかは怒られるかもしれないので、地球に住む民として恩返しはしていきたいですね。

 

 

“母親と子どもたち”ですか!同じ子を持つ親として同感です。お母さんの偉大さと子供の笑顔、、、かけがえのないものですね。
次に、『お金で買える幸せと聞くと何をイメージされますか?』

 
 

空間と食事。

 
 

逆に、『お金では買えない幸せとは何でしょう?』

 
 

子どもの笑顔。

 

 

次の質問は、聞く前に「仕事と家族」でしょ?と想像つきますが。笑 とりあえず聞いてみましょう!
3日間休みをあげると言われたら何がしたいですか?』

 
 

先日十数年ぶりに1日ネットを使えないことがありましたが仕事ができないストレスが半端でなかったので、3日間だったら家族と過ごしながらも結局仕事してそうです。

 

 

まだまだお若いので老後なんて考えないかもしれませんが、恒例の質問ですのお聞きします。
老後のプランは何か計画してますか?』

 
 

特にないです。

 
 

やっぱり。。。まだ若いから“今を生きる”って感じだね。

 

最後に・・・『あなたにとってWowooとは?

 

次の質問は、プロフェッショナル〜仕事の流儀〜の雰囲気を出してお答えください!笑
あなたにとってWowooとは?

 
 

ブロックチェーンの真価を問うプロジェクトです。

ビットコインはお金の価値観を変えましたが、ブロックチェーンの凄さは決済分野以上にあると考えています。

誰の中にもある善の心が評価され、パブリックに公開され、かっこいいとリスペクトされ、そしてメリットも還元される、そのような理想の社会を本当に作れないのか、それが私たちがWowooを通じて世に問おうとしているメッセージです。

 

 

まさに“新価値創造”ですね。とてもワクワクさせてくれるお答えに感謝です。ありがとうございます。
最後に『日本の皆さんにメッセージをください

 
 

日本のパートナーであるOkwaveを通じて、ブロックチェーン立国に最も近い日本の多くの方にWowooの名前やミッションを知っていただけたことは大変光栄に感じています。

Wowooのミッションは、古来からの日本の心に通ずるところがあると思いますので、この親和性をしっかりとサービス、そして文化として根付くよう努めて参りますので、是非応援のほど頂けましたら嬉しいです。

今後非常に面白い展開が待っているので是非ご期待ください。

 

編集長ゴリのまとめ

今回はWowooのCEOのFujimaru Nichols(フジマル・ニコルス)さんの突撃インタビューでした。

Wowooと言えば、日本の上場企業、株式会社オウケイウェイヴが関わるICOとして注目を集めたプロジェクトです。

2018年の仮想通貨の暴落で、WowooのトークンであるWWBの価格も大きく下がりました。しかし、プロジェクトの可能性を信じて保有し続けている方が多いプロジェクトの一つではないでしょうか。

今後、WCCのエアードロップ新たな取引所への上場Wowooエクスチェンジのスタート、関連プロジェクトの躍進などを通して、WWBは不死鳥のように蘇るのでしょうか?

個人的にも興味のあるプロジェクトです。今後どのような展開を見せてくれるのか、注目して見守っていきたいと思います。

ニコルスさん、頑張ってくださいね!!


関連記事