今日の情報が、明日の君をつくる。

アフリカは仮想通貨取引を現実的なものにするために努力を続けている

長きに渡る大暴落によって、仮想通貨の市場は厳しい環境に置かれていました。しかし、ここ1ヶ月間の価格上昇はめざましく、市場は強気な姿勢を取り戻しその息を吹き返しつつあります。グーグルトレンドでもビットコインBTC)と仮想通貨の検索数は増加傾向にあり、世界中の関心がふたたび仮想通貨に集まってきていることが伺えます。

アフリカと仮想通貨

アフリカは、市場が劣勢の中でも着々と仮想通貨への取り組みを続けてきた国の1つです。「アフリカが仮想通貨の波に乗っている」ということは、これまで多くの人に根拠のない事実として語られてきましたが、アフリカで人気のあるウォレット企業や取引所は、この事実の確かな根拠を目撃しているようです。

仮想通貨取引所Lunoのアフリカ事業ゼネラルマネージャーであるマリウス・ライツ氏は、アフリカは現在、価格が最高値を記録したバブル時以上に、仮想通貨に熱心に取り組んでいると明かしており、市場全体が弱気の中でもアフリカのユーザーはプラットフォームへの登録を続け、仮想通貨を購入し続けてきたと発言しています。

「過去6〜12ヵ月のチャートが水平の衰退する市場でも、何千人もの人々が毎日のように仮想通貨を購入しています。常に価格をチェックしているもののまだ購入していない人もいたため、Lunoプラットフォームでは、ユーザーの関心を引くものをピックアップしたりもしました」

次の波を見逃さない投資家たち

ライツ氏によると、増え続ける投資家たちは次に起こる第2の波を狙っているようで、アフリカの仮想通貨熱の高まりに貢献しているとしています。実際に、世界中の市場が落胆している時でさえ、アフリカでは仮想通貨の売買が行われていました。

一部の人々はこの事実を否定するかもしれませんが、アフリカにおいて仮想通貨は投資以外の価値も持っており、これは大陸全体にとってとても重要なことです。仮想通貨はアフリカ大陸の可能性を引き出してくれます。たった数ドルの売買でも、多くの人がその船に乗ることができるのです。

アフリカではジンバブエインフレなど、法定通貨の不安定な状態が続いています。また、人口の多くは銀行口座を持つことができません。一方で携帯やスマートフォンなどのデバイスは普及率が高く、仮想通貨は資産の保管や決済利用、インフレ回避などさまざまな用途で活用できることが見込まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です