1. HOME
  2. Topics
  3. バイナンスCEOのCZ氏「ゲーム業界はブロックチェーンの早期採用者になる」

バイナンスCEOのCZ氏「ゲーム業界はブロックチェーンの早期採用者になる」


今週月曜日、Binance(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao氏(以下:CZ)が、ゲーム業界はブロックチェーンの早期採用業界になるとの見解をツイッターに投稿しています。

ブロックチェーンゲーム開発に向けたイベントを開催

CZ氏のツイートには、「Game Oasis Hackathon」のイベント画像が添付されています。

ハッカソン(Hackathon)は複数のチームが参加して行う、プログラミングなどエンジニアの技術を鍛えるための合宿のようなイベントです。

「Game Oasis Hackathon」は、バイナンスの投資部門であるBinance Labsをはじめ、Cocos-BCX、Celer Network、Contentos、Maticの4社が共同ホストしているゲーム開発向けのハッカソンとなっています。

ハッカソンは3ラウンド、4ヵ国で開催予定

Binance Labsは、ブロックチェーンと仮想通貨の起業家およびコミュニティを育成、投資、強化することを目的として設立されました。

スタンフォード大学の経営大学院で、MBAを取得したエラ・チャンが率いています。

バイナンスのブログ記事では、「Game Oasis Hackathon」は下記の3つのラウンドで構成されています。

ラウンド1:参加チームとして登録を行う
ラウンド2:指定トピックに基づきゲームを作成
ラウンド3:48時間以内にブロックチェーンゲームの構成を行う

最初のハッカソンは、中国の上海で開催される予定です。その後は、韓国のソウル、アメリカのサンフランシスコ、インドのバンガロールの順に計4ヵ国で開催される予定となっています。

上位3チームには上から順に、30,000、20,000、10,000中国元相当の賞が贈呈されるようです。


関連記事