今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインでよく聞くハッシュレートとは?価格の指標にもなる?知っておくべきポイント

仮想通貨・ブロックチェーンについて調べると専門的用語で溢れており、特に、これから参入したい初心者にとっては非常に難しいものとなっています。仕組みの全体像を細かく説明すると非常に複雑ではあるものの、今回はその中でも価格の指標にもなるとされる「ハッシュレート」について簡単に説明していきたいと思います。

ハッシュレートとは?

ビットコインBTC)を含む仮想通貨で使われるハッシュレート(Hash Rate)とはマイニングを行う際の1秒あたりの採掘速度および計算数を指します。

単位にはhash/sが用いられ、K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)・T(テラ)と合わせて使用されます。例えば1M(メガ)hash/sの場合、1秒間毎に100万回の計算が行われている事になります。このようにハッシュレートが高いほどビットコインネットワークの処理能力は高くなり、マイニング速度が上昇します。

また、ハッシュレートが高いと言う事は、多くのマイナーが参加している状況であることを意味しています。これは同時に非中央集権化でもあるため、通貨の信頼性向上がなされていると言えます。

逆にハッシュレートが低い場合はマイナーの参加が少ない事を意味します。これは処理能力の低下を意味するため、取引の遅延やネットワーク全体の51%を支配し不正取引が可能となる「51%攻撃」を許す要因となります。

ハッシュレートが高い場合、51%攻撃には高額な費用とリソースを必要とするため、その様なリスクを大幅に減らす事が可能となっています。

例えるなら、ハッシュレートが高い場合、燃費と効率の良い速く走れる車となり低い場合にはその逆になると言えます。

通貨の価格とも相関関係が

ハッシュレートと仮想通貨の価格には相関関係があると見なされています。マイニングを行うにあたり高性能な機器を大量に必要とし、24時間稼働するための膨大な電気料金が掛かります。

それでもハッシュレートが高いという事は、高い電気料金であってもマイニング報酬として貰える仮想通貨の価格の上昇が期待されているからと言えます。一方、ハッシュレートが低ければ採算が見合わないと判断していることが予想されます。

しかし実際にビットコインの場合、半減期を迎えた2016年~2018年10月頃までハッシュレートが右肩上がりでしたが、仮想通貨市場のバブルが弾けたのは2018年初頭のため、相関関係に異議を唱える者も出てきています。

これについて、バブル崩壊によりマイニング企業撤退が相次いだ事や一部企業の寡占化が原因との指摘がなされていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

今後、現在より高性能なマイニングマシンが今後開発されれば、さらにハッシュレートの向上が期待されるため、ネットワークもより強力なものになることが予測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です