今日の情報が、明日の君をつくる。

Huobi GroupがDeFi分野に数千万ドルの出資を表明、Huobi DeFi Labs設立へ。

主要仮想通貨取引所Huobiを運営するHuobi Group(フォビグループ)は、DeFi(分散型金融)の普及に向けて「Huobi DeFi Labs」を設立しました。DeFiプロジェクトに出資し、エコシステムをさらに拡大していくことが狙いです。

HuobiがDeFiに進出

8月3日、Huobi Group(フォビグループ)はDeFi(分散型金融)分野における研究・イノベーション・関連企業への支援および開発に注力する新たなプロジェクト「Huobi DeFi Labs」を設立したことを発表しました。

Huobi DeFi Labsでは数千万ドルの初期投資資金を投じ、リサーチを実施しDeFiおよび仮想通貨プロジェクトと連携して、DeFiエコシステムの構築とさらなる普及を目指すとしています。

このイニシアチブはHuobiの最高投資責任者であるSharlyn Wu(シャーリン・ウー)氏を中心に計4人の専門家で構成されています。ウー氏は中国商銀行の元マネージングディレクターでブロックチェーン投資部門でトップを務めたほか、元UBS銀行員だけでなくAlgorandの経済顧問を歴任するなど金融知識も豊富となっています。

ウー氏によればDeFiはこの2年間で飛躍的に成長し、人類の歴史では見られない革新が行われると述べたものの、倫理的および技術的なレベルでまだまだ解決しないといけない課題があると指摘し、意欲をのぞかせました。

CeFiとDeFiの統合をはかる

Huobi DeFi Labsを通じて、潜在的なDeFiへ参入する投資家へ教育を施すほか、さまざまな取り組みを通じDeFiへ貢献していくものとなります。

ウー氏も仮想通貨とDeFiをメインストリームへ押し上げるためには投資家への教育が必要だと強調し、まだ黎明期にあるためグローバルコミュニティが一丸となってシステムを構築し、成長させていく必要があると付け加えました。

今後、DeFiにこだわらずCeFi(中央集権型金融)とも統合させ両方の金融商品とサービスを促進させ、従来の金融システムを変革していくと強い意志をのぞかせています。

その取り組みの焦点には透明性とコンポーザビリティや信頼の安全性と確実性だけでなく、グローバルな経済的包摂および適正価格の金融サービス提供も含まれています。

現在、ベンチャーキャピタルのDeFi関連企業への投資も増えており、先週にはInjective Protocolが分散型デリバティブ取引所を設立するべく、シードラウンドにて260万ドル(約2.7億円)の資金調達に成功したばかりでした。

DEX(分散型取引所)の7月の取引量は40億ドル(約4240億円)以上を記録しており、DeFiへの注目度は日に日に増しています。