今日の情報が、明日の君をつくる。

今更聞けない、仮想通貨のICOとは?ICOの特徴と魅力を分かりやすく解説します

皆さんは「ICO」という言葉をご存知ですか?

投資をしたいけれど、何に投資をすれば良いのかわからないという悩みを抱えている方は多いです。

投資では割安な時に買い、割高になってから売ることで利益を得ることができます。今でこそ高価格なビットコイン(BTC)ですが、誕生した当初の価値はとても低いものでした。その頃にビットコインを大量に購入した人は、今頃大変なお金持ちになっています。

残念ながら、既に価格が高騰したビットコインに投資をしたところで、過去のような大きな利益を得ることは難しくなってきているとする声もあり、狙うとしたらまだ価格が安い仮想通貨、例えばICOなどが狙い目とも言われています。

今回は、ICOとは何か、その特徴についてわかりやすく解説します。

ICOは仮想通貨のIPO

ICOは、仮想通貨版のIPOだと例えられることが多いですが、そもそもIPOとは何なのでしょうか?

IPO(新規公開株)では、自社の株式を証券取引所に上場(株式を公開)させることで、株式市場で自社の株式の売買を可能にし、投資家より資金を調達することができます。

ICOの原理も、基本的にIPOと同じです。

ICOではトークンと呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、そのトークンを投資家に売却することで、個人や組織、団体などが、市場より資金を調達することが可能となります。その違いは、株式を発行するか、トークンを発行するかとですが、どちらも資金調達を目的としています。

また、資金調達とは別に、ICOを行うことでそのトークンを大々的に世間にアピールすることができるという特徴もあります。

これはIPOについても同じことが言え、IPOをする企業の中には、自社の宣伝を目的に上場する株式会社もあります。

トークンを世界中に宣伝すれば、世界中から投資家を募り、資金を調達することができます。非居住者が証券会社の口座開設をするのは難しいことから、そのプロジェクトが行われる国内の投資家が対象になりやすいIPOと違って、ICOの対象は全世界です。世界中より簡単に資金を調達できることは大きな強みだと言えるでしょう。

ICOの原理は基本的にIPOと同じ。ICOではトークンと呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、そのトークンを投資家に売却することで資金調達を行います。

ICOを購入するメリットとは?

 
トークンを通じて世界中から資金調達ができ、その上に宣伝にもなるなど、発行側にとってメリットの多いICOですが、それを購入する投資家側にはどんなメリットがあるのでしょうか?

ICOに投資をする主な目的は、購入したトークンの値上がりです。中にはトークンの考え方に共鳴し、慈善的に購入したというケースもありますが、投資家の主な目的は利益を得ることでしょう。発行した当初、トークンの価値は非常に低いです。しかし、そのトークンに価値が付き、値上がりすれば、価格が高騰した分だけ投資家は利益を得ることができます。

IPOについてもこのようなメリットがあると言えます。IPOの場合でも、投資家は新しく公開される株の値上がりを期待しIPO株を購入します。

言い方を変えれば、ICOでは、値上がりが期待できないものならば買う意味はほとんどないということです。

ICOの場合、発行した当初トークンの価値は非常に低いため、そのトークンに価値が付き値上がりすれば、投資家は大きな利益を得ることができます。

ICOで成功した事例は?

 
果たしてICOは本当に値上がりする見込みがあるのでしょうか?

ICOをおこなうプロジェクトの中には、医療技術を発達させるような、画期的な技術があるのもまた事実です。将来性のある分野であれば、投資をする価値はあるでしょう。

ただし、実際に値上がりするかどうかは、買ってみないと分からないことがほとんどです。

ICOで成功した事例というと、カルダノ(ADA)やテレグラム(GRAM)、イオス(EOS)などがあります。日本国内でも、AlisがICOで約4.3億円を調達するなど、成功例は徐々に増えています。

ICOで資金調達に成功し、価値を付けることができた場合、投資家は当初購入した資金を何倍にも増やすことができます。

ただし、成功するICOがある一方で、失敗に終わったICOも非常に多く存在します。

カルダノ(ADA)やテレグラム(GRAM)、イオス(EOS)もICOを成功させたプロジェクトです。大きな成功を収めたICOもあるものの、実際に値上がりするかの予想は極めて困難。失敗に終わったICOも数多く存在します。

ICOの問題点とは?

 
IPOと似た特徴があるICOですが、ICOにはIPOの監査法人のようなものは存在しません。主幹事証券会社なども特になく、誰でも簡単に資金調達ができるという危うさが問題視されているため、世界各国で、どのような枠組みで規制を行うべきかなど試行錯誤が続いています。

誰にも監査されないICOは、客観的に見て本当に安全なのか、誰にもわかりません。ICOのほとんどがポンジスキーム、いわゆる詐欺のような案件ばかりになってしまうのも、規制が定まっていないからでしょう。ICOの中には資金を調達したら最後、そのまま音信不通になってお金だけ持って逃げるなどの詐欺もあります。

ICOは、本当に投資をするだけの価値のあるトークンであれば成功しやすく、将来の値上がりが期待できます。ただし詐欺も多いため、沢山のプロジェクトの中から本物を見分ける必要があります。

もしも詐欺にあったり、まったく役に立たない価値がつかないトークンに投資をすると、お金を無駄にしてしまうリスクがあるからです。

ICOは誰にも監査されないため、本当に安全なのか判断するのが困難です。投資家は、沢山のプロジェクトの中から本物を見分ける必要があります。

IPOには無いICOの魅力とは?

 
IPOの良い点は、監査法人が上場前に企業についての調査をするため、詐欺が介入する余地がほとんどないことです。そのため、安心してIPO株を購入することができますし、IPO株のほとんどは値上がりをするため儲けやすいです。値上がりが期待できるために、市場にはIPO株を重点的に狙う投資家もいるほどです。

このようにメリットのあるIPOですが、抽選で選ばれた人しか買えないというデメリットがあります。いくらIPO株に投資をしたくても、限られた人しか購入できないので、誰もがIPO株に投資できるわけではありません。

その点、ICOは誰にでも購入のチャンスがあります。また、法定通貨ではなくビットコインやイーサリアムを送金するだけでICOのトークンを購入できるので、世界中のICOに参加することができます。

確かに詐欺的な案件も多くありますが、本物の案件も存在しているのは事実です。このような本物の案件を探すことができれば、ICOにはIPO株よりも稼げるチャンスがあります。中には第2、第3のビットコインになれるほどの価値を付けるICOも登場するかもしれません。

IPOには抽選で選ばれた人しか購入できないというデメリットがありますが、ICOは誰にでも購入のチャンスがあります。

まとめ

2017年~2018年前半はまさにICOバブルだったと言えるでしょう。しかし、期待値のみで価格が高騰するという原理原則とかけ離れたマーケットが長く続くはずもなく、現在では無価値化しているICOプロジェクトも沢山出ています。

IPOと似た特徴があるICOですが、ICOにはIPOの監査法人のようなものは存在しておらず、誰でも簡単に資金調達ができるという危うさがあります。ICOのほとんどがポンジスキーム、いわゆる詐欺のような案件ばかりになってしまうのも、規制が定まっていないからでしょう。ICOの中には資金を調達したら最後、そのまま音信不通になってお金だけ持って逃げるなどの詐欺もあります。

ICOは、本当に投資をするだけの価値のあるトークンであれば、成功しやすく、将来の値上がりが期待できます。ただし詐欺も多いため、沢山のプロジェクトの中から本物を見分ける必要があります。

しかし、ICOには大きなチャンスがある事も事実です。無価値化しているICOに何が足りないかと聞かれれば「実需」の一言に集約されます。世の中に必要とされる事業を作ることこそが通貨の価値であると言えるでしょう。

ICOに参加される場合は、しっかりとプロジェクトを理解し、実現可能なのか?世の中に必要なプロジェクトなのか?競合他社は?様々な角度からしっかり精査することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です