今日の情報が、明日の君をつくる。

ツイッター社のCEOジャック・ドーシー氏「今こそビットコインでインターネット通貨を構築するチャンス」:フェイスブックの独自通貨にも苦言

ツイッター社のCEOであるジャック・ドーシー氏は、米メディア「QUARTZ」のインタビューに答え今こそインターネットによる世界基軸通貨を構築するべきと語り、それはビットコインBTC)以外考えにくいと答えました。また詳細が近日発表されるFacebook(フェイスブック)の仮想通貨について、企業が世界基軸通貨を生み出すとは思わないと述べています。

インターネット通貨はビットコインのみ

ジャック・ドーシー氏が共同設立したツイッターは、現在3億3,000万人のユーザーを抱え日本でも人気のSNSとなっています。また、ドーシー氏はビットコイン支持者としても知られており、立ち上げた決済企業スクエアではビットコインの導入を進めています。

ドーシー氏はこれまでに幾度となくビットコインはインターネットの基軸通貨になると発言しており、今回の「QUARTZ」とのインタビューでもそれを強調する形となっています。

「金融の将来について」との問いに対し、今後の傾向として仮想通貨とブロックチェーンの重要性を挙げ、インターネットは独自の国家の様なものであるため独自通貨とガバナンスを必要としていると述べています。

ドーシー氏はインタビューにて、全ての国民国家は既に法定通貨があるものの、インターネットも国と同様と考えた場合固有の通貨を持つだろうと持論を展開しました。さらにインターネットの世界基軸通貨は世界的経済成長にもプラスの影響を与えるだろうとし、インターネットにグローバルな基軸通貨があれば我々の様な企業はより速く動き、より多くの人々にリーチできるようになるだろうと主張し、それこそがビットコインであると考えている様です。

フェイスブックの仮想通貨プロジェクトについて

また、ドーシー氏はライバル企業とも言える大手SNSフェイスブックが立ち上げた仮想通貨プロジェクトについて尋ねられた際、企業がインターネットの世界基軸通貨を作れるとは思えないと答え、インターネットはいかなる企業や政府にもコントロールされない存在であると苦言を呈しました。

ドーシー氏は上記のようにお金の未来について言及した上で、1つの企業体によって制限または制約されず世界中の人々がアクセスできる通貨の実現を手助けすることが使命だと語っています。

現在、その言葉の通りスクエアの決済アプリ「キャッシュ」では仮想通貨の導入を加速させています。ドーシー氏の直下で働く関連エンジニアの募集も行っており、先日には元グーグル勤務のスティーブ・リー氏を採用したばかりでした。大きな影響力を持つドーシー氏、今後の動向にも期待が掛かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です