今日の情報が、明日の君をつくる。

Japan Blockchain Conference 2019【JBCイベントレポート】1/30~1/31

1/30~1/31にパシフィコ横浜にてJapan Blockchain Conference(JBC)2019が開催されました。

このイベントはブロックチェーン技術を担う国内外の企業・団体150社以上が一堂に会し、ブロックチェーンの啓発・適用領域の拡大を目指すものです。

2018年に開催された本イベントでは来場者が10,000人を越え大盛況で幕が下りました。

経済産業省・外務省が後援、「一般社団法人グローバルブロックチェーン協会」が主催する本イベントは、日本の代表的なブロックチェーンイベントと言えるのではないでしょうか。

今回はそんなビックイベントに実際に参加した会場の様子をレポートいたします。

注目の出展ブースをピックアップ

DABIT Exchange (https://dabit.com/
DABIT Exchangeは世界で初めてとなる、銀行と提携した仮想通貨取引所を運営しています。
タイで一番歴史の古い王室系銀行であるサイアム・コマーシャル銀行(SCB)と提携し、法定通貨との交換やデビットカードの発行を可能にしました。

また、DABIT Exchangeの最大の魅力は、デビットカードを発行することによって世界中のあらゆるATMで出金が可能になるというところです。
サイアム・コマーシャル銀行(SCB)の口座を持つことにより、仮想通貨からドルへの交換やスマートフォンを利用した振替を簡単に行うことが出来ます。

Cosplay Token (https://ico.curecos.com
Cosplay Tokenは「Cure World Cosplay」というコスプレコミュニティを展開する株式会社キュアが運営しています。今までは極めて困難だったコスプレイヤーの収益化を実現させ、コミュニティの円滑化・活性化を目指しているプロジェクトです。

COSPLAY Tokenのプラットフォームでは、コスプレイヤーが自身のオリジナルトークンを発行し、ファンに購入してもらうことで収益となります。その後コスプレイヤーたちは、オリジナルトークンを購入してくれたファンの方へ特別なサービスを提供することで循環していきます。

生のコスプレイヤーを初めて拝見しましたが、何だかディズニーランドのミッキーマウスに会ったような、、面白くもワクワクする感覚を覚えました。ファンの皆様の気持ちに少しは近づけたのではないかと思います。

SIRIN LABS  (https://sirinlabs.com/
SIRIN LABS はイスラエルに拠点を持ち、世界で初めてブロックチェーン・スマートフォンである「FINNY」を開発をしています。

「FINNY」の最大の特徴はそのセキュリティの高さにあります。イスラエルは、軍事関連の技術力が高いことが有名でサイバーセキュリティ技術も非常に高いためその技術を応用し、「FINNY」自体をハードウェアウォレットを内蔵しているコールドウォレットとして開発しました。

実際に手に取ってみましたが、スタイリッシュでカッコいい。会場で販売も行われていたようで、ブース内はひっきりなしにお客様が訪れていました。

そして本イベントの閉会式では、出展企業の中から将来有望なプロジェクトを評価する表彰式が開催され、最優秀賞は「SIRIN LABS」が選ばれました。

SKYHASH https://sky-hash.net/
SKYHASHは、中央集権化しているマイニング業界において、マイナーの分散化を図るための日本発のマイニングプラットフォームです。

SKYHASHでは、自律分散システムの権威である高橋宏尚氏をメンバーに加え、独自のハッシュレートを上げる最適化技術を搭載しています。また、マーケット動向やビッグデータを用い、直近でどのブロックチェーンでマイニングすることが最適なのかを判断し、大量のマイニングマシンがマイングする通貨の一括切り替えを行うことができます。

ここでは全てをお伝えきれませんが、その他にも多数の注目企業が出展していました。

 

ゲストスピーカーによるステージ

このイベントのメインとなる、ゲストスピーカーによるステージ。
二日間を通して多数の大物ゲストが登壇しました。※下記一部を紹介

「楽天Blockchainへの取り組みについて」
久田 直次郎(楽天株式会社 / 執行役員)

【パネルディスカッション】「Education + Blockchain」
アーロン・マクドナルド (Centrality / 共同創業者)
ダン・コメンコ
伊藤 猛
アンドリュー・ローマンズ (7BC.VC)
モデレーター:ジャレッド・ポライティス(PATRON / CSO)

田口 仁
(株式会社DMM Bitcoin / 代表取締役社長)

「データマイニングの魅力」
アレクサンダー・シュルギン (Alexander Shulgin)
(Gruppa Kompaniy Familia / 創設者・ディレクター)

Meroko(メロコ)
Meroko(メロコ)
https://meroko.jp/special/alexander/
仮想通貨/ブロックチェーン情報局

その他、会場内の様子

【ニコニコ公式】生放送
イベントの様子を、現地から生放送。
さらに、出展企業や登壇者の貴重なインタビューも配信されていました。

-出演-
■番組MC: 松尾 陽介(ザブングル)
■番組アシスタント:栄木 明日香
■ゲスト:仮想通貨オタク 松岡 誠

テレビ局の取材にも熱が入っていました。
ブロックチェーン業界の注目度の高さが伺えます。

 

まとめ

現在の仮想通貨市場の市況も重なり、会場のキャパから見たときの来場者数は、若干想定を下回ったのではないかという印象があります。

しかしながら、ゲストスピーカーや出展企業の皆様のお話をお聞きする中で、ブロックチェーン技術の可能性・進展は確実に高まっているという実感を持ちました。ブロックチェーンの技術進歩が私たちの生活変える。私たちもそのような「本質」と向き合っていく必要があると確信しました。

世界中の最先端の人や情報が集まる、そんな空間で同じ時を過ごせたことを大変光栄に思います。今後もイベントレポートを通して、皆様に生の情報をお伝えしていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です