今日の情報が、明日の君をつくる。

トロンのジャスティン・サン氏がついに投資家ウォーレン・バフェットとのランチを実現

仮想通貨トロン(TRX)の創設者ジャスティン・サン氏が、これまで腎臓結石を理由に延期としていた著名投資家ウォーレン・バフェット氏とのランチをついに実現しました。バフェット氏にはトロンだけでなくビットコイン(BTC)もプレゼントしたとのことです。

バフェット氏との会食

ジャスティン・サン氏は2019年にオークションにて、著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏とランチができる権利を過去最高となる約460万ドル(約5億円)で獲得していました。

同ランチは同年7月に開催が予定されていたもののサン氏が腎臓結石を患ったため、6ヶ月遅れで実現する運びとなりました。また、延期になった理由が中国当局の捜査によって出国が不可能となったためだとする声もあり、注目を集めていました。

サン氏のツイッターによると、ランチが開催されたのは米ネブラスカ州のステーキショップ「Happy Hollow Club」で、開催日は2020年1月23日となっています。

ツイッターには2人が一緒に撮った写真も投稿されており、そこにはバフェット氏とサン氏の他に

・チャーリー・リー氏(ライトコイン(LTC)創設者)

・ヘレン・ハイ氏(バイナンス・チャリティーファウンデーション代表)

・クリス・リー氏(大手仮想通貨取引所フォビのCFO)

・ヨニ・アシア氏(ソーシャルトレーディング・プラットフォームeToroのCEO)

といった仮想通貨業界関係者4名も参加していたことが分かります。

トロンとビットコインをプレゼント、バフェット氏の反応は?

バフェット氏は仮想通貨否定派として知られており、サン氏は権利を獲得した当初、説得するよう働きかけると発言していました。

今回のランチでの会話は、仮想通貨とブロックチェーンおよびテスラや投資戦略に関するものだったことが明かされています。

また、サン氏はバフェット氏の誕生日である1930年8月30日にちなんで193万830TRXとビットコインが入っているサムスンの折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」と馬の置物をプレゼントしています。

バフェット氏は会食時に「仮想通貨とブロックチェーンはまだ初期段階であるものの価値がある。ブロックチェーンは決済の未来に変革をもたらす可能性がある」と述べたことも分かっています。

サン氏によれば「今後10年間の決済業界でどのように機能するか探索している」と述べ「価値を引き出すためにはビットコインにはまだ多くの作業が必要だ」とアドバイスを受けたことも明かしています。

このようにバフェット氏は、仮想通貨よりブロックチェーンを支持する姿勢を見せています。なお、バフェット氏とサン氏は2030年に再会する約束をしており、その時には仮想通貨がさらに普及することが望まれます。