今日の情報が、明日の君をつくる。

大手仮想通貨取引所KrakenのOTC月間取引量、2018年以来20倍に増加

米に拠点を構える仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)のOTC(店頭取引)部門の責任者Nels​​on Minier氏によれば、OTC取引の月間取引量が2018年以来20倍の増加を記録したと明かし、未だ人気が衰えていないことを主張しています。なお取引所全体の正確な数字は明らかにはしていません。

KrakenのOTC取引量は人気傾向

ポッドキャストの番組「The Scoop」に米大手仮想通貨取引所クラーケンが提供するOTC(店頭取引)部門の責任者であるNels​​on Minier氏が出演し、インタビューに答えました。

その中でクラーケン全体の取引量の詳細は明らかにしないと前置きしたうえで、1ヶ月のOTC取引量が2018年1月からと比較し20倍に増加したと明かしています。

なお、過去にはクラーケンの2018年の取引量は850億ドル(約9兆円)と発表されており、OTCの取引量は実質それ以下でスポット取引よりも少ないと伝えています。

Minier氏はOTC取引に人気の仮想通貨として以下の通貨を挙げています。

ビットコインBTC
イーサリアムETH
ビットコインキャッシュBCH
・モネロ(XMR
テザーUSDT

これらがTOP5であり、他にも今年に入り高度な技術を持つ匿名通貨として人気のグリン(GRIN)のOTC取引も増加傾向と伝えています。

大口の取引が盛んに

一般投資家が通常の取引を利用するのに対し、大口の個人投資家や機関投資家は大きい額をひっそりと仕込みたいため、OTC取引を好む傾向があると言われています。

Minier氏はクラーケン全体の取引量を明かさなかったものの、2つの出来高には相関性があると言われているため、OTCの取引量が多いということは取引所の取引も多いということを意味するとされています。

また、8月の下落に関して、市場が低迷してもビットコイン自体の需要が減少する傾向は今のところ見られないとも述べています。

Minier氏はクラーケンのOTC取引のスタッフは現在19名で構成されており、20倍の取引量増加があっても十分に対応が可能であると述べています。その理由として適切な人員配置を行っており、より効率的で公共的な方法で活動に注力しているためとしています。

Minier氏は、クラーケンのOTC取引部門の責任者を務める以前はウォール街でJPモルガン、クレディ・スイス、ベアー・スターンズなどを渡り歩き、20年のトレーディングキャリアを持つ優秀な人物となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です