今日の情報が、明日の君をつくる。

億り人になれる?一か八かの投資法?草コインに秘められた可能性とは

過去には持っているだけで利益が出るとも言われていたビットコイン(BTC)ですが、マーケットが成熟するにつれ状況は変わってきています。今後、仮想通貨業界で大きな儲けを見込むなら、ビットコイン以外の割安な仮想通貨を狙っていくことも一つのやり方ではないでしょうか。

最初から安い仮想通貨というと、「草コイン」などがまさにその典型です。

当然リスクの高い投資となるので購入する際はしっかりと精査する必要がありますが、今後成長を期待できる草コインに事前に投資をしておけば、将来的には資産を倍増できる可能性があります。

今回の記事では、草コインとはそもそもどのような仮想通貨なのか、本当に投資をしても問題はないのかを解説していきます。

メロスケ

草コインかぁ。。。最近あまり聞かなくなってきた用語だね🤔

 

でも、これからの成長が期待されている仮想通貨業界❣大復活もあるんじゃないかと見ているよ〜❣

草コインとは?


ビットコインを一流の仮想通貨とすると、草コインは三流以下のまったく注目を集めていない仮想通貨となります。

そもそも草コインの語源も、ネット用語の「草生える」が由来であり、これは「笑い」を意味したネットスラングです。要するに草コインとは、草が生えるようなコイン、つまり笑ってしまうほど価値が低い無名な仮想通貨ということです。海外では無名の価値がない仮想通貨のことをShit coin(クソ通貨)と呼称するなど、草コインは評価がもっとも低い仮想通貨として扱われています。

そんな注目度がまったくない草コイン。本来であれば投資には値しません。価値がないどころか、注目さえされていない通貨こそ草コインです。最初から注目を集めているような仮想通貨は、たとえ価値が低くても将来の値上がりが見込めるため、投資する価値があるでしょう。しかし草コインの場合は、そのような見込みもなく、基本的には投資をする価値はありません。

ただし、草コインの中には、注目を浴びることで、稀に何万倍もの価値を付けるコインもあります。草コインでは、そのような価値の高騰が期待できる仮想通貨を対象に投資をすることになります。

草コインとは、三流以下のまったく注目を集めていない仮想通貨を指します。

成功した草コインとは?


草コインは、そのほとんどが失敗に終わっています。陽の目を浴びなかった草コインは、まったく値上がりせず、やがては本物の草木のように枯れていきます。

ただし、一旦成功をおさめると、今まで価値が低かった分、爆発的に価値が上がるのも事実です。

草コインの成功例というと、まずドージコイン(DOGE)があります。

ドージコインとは2013年に開発された仮想通貨で、インターネット・ミームとして有名な柴犬が公式のマスコットキャラクターとなっています。ドージコインはそもそもお遊びとして作られた仮想通貨であり、何か明確な目的や意思があって作られたわけではありません。これが投資の世界であれば、特に将来性がない仮想通貨なので、本来ならば投資には値しないでしょう。

しかし、根強いファンと強力なコミュニティの支援もあってか、開発されて以降順調に価値を伸ばしており、今や投げ銭や寄付で使用される通貨としての地位を確立し、価値を付けるに至っています。価格についても、2016年頃までは0.02円ほどの価値しかありませんでしたが、2017年4月頃より高騰を開始。2017年の終わり頃には一時2円以上の価値を付けるなど、100倍以上の値上がりを見せました。 

ドージコイン以外にも、バージコインやTRIG、TRXなど、当初こそ草コインとして扱われていたものの、注目を集めることで価値を上げた仮想通貨は多く存在します。

そもそも、ビットコインと違って、草コインはもともとの価値がとても低いです。そのため、ちょっとでも注目を集めれば途端に高騰しやすく、価格が倍増します。0.01円以下の草コインに1円でも価値が付けば、それは成功です。なにしろ当初の価格が100倍以上になっているわけですから、十分すぎる成功と言えるでしょう。

代表的な「ドージコイン」の他にも、バージコインやTRIG、TRXなど、草コインとして扱われていたものの、注目を集めて価値を上げた仮想通貨は多く存在します。

成功する草コインの共通点とは?


草コインの共通点といえば、注目度が低く、時価総額も低く、まったく価値が付いていないことです。しかし、これでは詐欺コインと大した違いがなく、有望な草コインを見つけることは困難を極めます。

草コインとはそもそも価値が上がる見込みのない、まったく注目をされていない仮想通貨です。草コインが上がるというのはかなりレアなことであり、普通の草コインは価値を付けることもなく退場することになります。

そんなただでさえダメダメな草コインの中で今後高騰が見込める草コインを見つける際には、コミュニティがしっかりとあること、そして開発が進んでいることかが重要なチェックポイントとなります。たとえ注目度が低くても、その草コインの開発者が継続的に開発を進めていけば、いずれは注目を浴びます。ドージコインのようにファンが多くいるコミュニティならば、価値もつけやすいでしょう。またその反対で、まったく開発が進んでいないような草コインは、見限る必要があります。

たとえ価値が低くても、開発者が真面目に開発に取り組んでいる草コインであれば、やがて陽の目を浴びやすいです。

コミュニティがしっかりとあること、そして開発が進んでいることかが重要なチェックポイント!

まとめ

注目度と価値が非常に低い草コインは、当たれば資産価値が倍増するのは確かですが、そのような事例はごく稀にしかありません。大多数の草コインは陽の目を浴びずに退場していきます。

草コインに投資をするなら、本当に将来価値が上がる可能性があるのか、よく調べておきましょう。特に草コインの開発状況やコミュニティの支援の有無は重要です。

過去に成功した草コインと同じような共通点を持つ草コインに投資をすると良いでしょう。

メロスケ

世界中には沢山のトークンがあるよね。その中には、今は笑えるぐらいに価値が低くても、きちんとしたコミュニティを持ち、プロジェクトを前に進めているものもきっとあると思うんだ💦

 

世間の目が大きく仮想通貨やブロックチェーンに向けられる時、そういいたコインが大きく成長するんじゃないかな✨ 

メロスケ

Merokoではこの記事の他にも、「初心者ガイド」のカテゴリで、仮想通貨初心者の皆さんにブロックチェーンや仮想通貨に関するあれこれを解説しています❣ 

 

もし分からない言葉があれば、他のページも覗いてみて欲しいな。

皆さんの知識が深まるお手伝いができると、僕も嬉しいです🤗✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です