Merokoのサイトをリニューアルしました!

仮想通貨取引所LATOKENでカジノのオンライン化拡大を目指すプロジェクト「PBET」のIEOが決定

マルチアセットなトークン取引が可能な仮想通貨取引所LATOKEN(ラトークン)は次のIEOを開催します。今回発表された「PBET」と呼ばれるプロジェクトはオフラインカジノをオンラインへ統合する事を目指しており、IEOの実施後にラトークンに上場され取引が可能となります。

LATOKENで次のIEO開催が決定

美術品や債券・不動産など実在する資産をトークン化し取引可能にするプロジェクトで大きな注目を集めた仮想通貨取引所ラトークンですが、今回新たなIEOが開催される事が決定しました。

今回IEOが決定したプロジェクト「PBET」は、次世代のゲームプラットフォームの構築を目指しています。ブロックチェーンベースとなる「Unified Gaming」プラットフォームを通じて、オフラインとオンラインカジノのさらなる統合を可能にします。

PBETのプラットフォームでは現実世界のカジノをさらにオンライン上で展開していく事を支援しており、従来必要な費用よりはるかに低いコストで高パフォーマンスのオンラインプレーヤーを獲得できることが可能としています。また、オンラインカジノでの決済に仮想通貨の使用を可能にします。

PBETのCEOであるBassel Moukaddem氏は、今回のラトークンでのIEO開催に対し次の様に述べています。

「我々はラトークンの評判名高いプラットフォーム上でIEOをローンチする事を発表でき興奮しています。主要な取引所で場所を確保でき最終的に上場を果たす事は非常に特別な事です」

またラトークンは巨大なユーザーベースを持っており、IEOがローンチされる事がPBETにとって最大の露出になるだろうと主張しています。

革新的なオンラインカジノモデルを提供

PBETでは今までのオンラインカジノより革新的といえる「ターンキー方式・固定料金ゼロ・収益分配モデル」を考案しています。

これにより高いコストを要さずともカジノゲームをオンラインに拡大する事を可能にし、プレーヤーのオンライン決済手数料の低額化、即時引き出しを実現します。

ラトークンの広報も今回のPBETのIEO開催に対し、現在ゲームプラットフォームは大きな期待がされており、PBETトークンの価格もそれに伴い価格の上昇が期待されるであろうと自信を覗かせています。

IEOは取引所が主導する新しい形のICOで、資金調達後すぐに同取引所で上場されます。仮想通貨投資家からも安心して参加でき大きなリターンを得れるとして人気となっていました。この状況はまだ続くのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です