今日の情報が、明日の君をつくる。

マスターカードが仮想通貨ウォレット事業に参入か?新たな求人を募集中

クレジットカード事業大手のマスターカードは、ウェブサイト上にてブロックチェーン製品管理におけるディレクター職と副社長の職を求人を募集しています。詳細によると、仮想通貨における決済とウォレット・ソリューションのための開発に関する求人となっており、正式に仮想通貨ウォレット事業に参戦した場合は、Facebook(フェイスブック)が開発を進めているリブラのウォレット事業である「カリブラ」に匹敵するとの声も挙がっています。

マスターカード、ウォレット関連の職を募集

海外の仮想通貨メディア「The Block」らの報道によれば、クレジットカード事業大手のマスターカードが自社の求人サイトにて仮想通貨ウォレット事業に関する求人を3つ出しており、決済とウォレット・ソリューションに注力し、仮想通貨業界をリードする事を目指していると報道しています。

公開されている主な業務内容として「フランチャイズ、コンプライアンス、規制、製品、研究所およびテクノロジーで構成される部門と協力して新しい製品とソリューションを開発する」としており、下記の様な役職を募集しています。

・製品と開発におけるブロックチェーンソリューション設計者
・仮想通貨/ウォレットの製品管理
・ブロックチェーンの製品管理担当者副社長

また条件として、これまでに仮想通貨ウォレット製品の管理経験がある者となっています。

リブラに匹敵、提携の可能性もゼロではない

マスターカードが展開する仮想通貨ウォレット事業がどのようなものであるかは分かっていません。

しかし、海外メディアの一部報道によれば、リブラの開発を進めるフェイスブックとの提携も明らかとなった事から、共同で新たな仮想通貨ウォレットの開発を進めていく可能性もゼロではないとしています。

マスターカードと言えば、各国で物議をかもし続けているリブラの大手提携企業として発表された27社のうちの1社です。

リブラの大手提携企業には、マスターカードの他にも、ペイパル・ウーバーそしてライバル会社のVISAも名を連ねており、強大な独自の経済圏になることが予想されています。

また、フェイスブックもリブラ・プロジェクトに伴い独自の仮想通貨ウォレット「Calibra(カリブラ)」のローンチを発表し、リブラの普及拡大に尽力しています。

一方、提携企業もリブラのブロックチェーン上で独自のアプリケーションの開発が可能となっており、マスターカードがカリブラに匹敵する独自の仮想通貨ウォレットを開発することも可能です。

リブラは、従来の金融システムに変革をもたらすとされていますが、一部アナリストによればマスターカードやVISAなど既存の決済企業がリブラのシステムに与える影響も大きいとされていました。

マスターカードは以前からブロックチェーン技術の取組みに積極的な姿勢を見せていた事で知られており、昨年には175人もの関連エンジニアを大量採用していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です