今日の情報が、明日の君をつくる。

9歳の少年がビットコインライトニングネットワークで自分のスケッチを販売

Lightning Picturesというワードプレスによって作成されたウェブサイトでは、ユニークなスケッチが世界中のユーザー向けに販売されています。

このこと自体は、特に珍しいことではありません。

9歳の少年が運営するウェブサイト

驚くべきことに、このサイトは9歳の少年Dennisによって運営されています。

Lightning Pictures

このウェブサイトから、彼は絵を描くことやコンピュータゲーム、ビットコインが好きだとわかります。

この少年は、任天堂スイッチが欲しかったそうです。しかし価格は300ドルと、彼にとっては高額です。

そこで彼の父親は自分でお金を稼ぐよう彼に伝えました。Dennisは絵を描くことが好きだったので、自分のスケッチを売ってお金を稼ぐことにしました。

現在2種類の絵を販売しています。
1つ目は、簡単なスケッチで価格は1ドルです。
2つ目は、Dennisのプレミアムスケッチで価格は10ドルです。

商品であるスケッチは、Eメールの送信か配送のどちらかを選べるそうです。配送料は購入者が支払う必要があります。

支払いはOpenNodeを使用しており、ビットコインのライトニングネットワークによる決済が可能です。

ライトニングネットワークによるビジネスユースケース

Dennisが任天堂スイッチを買うために行ったビジネスは、ライトニングネットワークのユースケースとしてとても興味深いです。

Bitcoinistによれば、昨年、芸術家が自身の作品をオークションに出品し、なんと1ミリサトシ($0.000000037)という少額決済で作品を売却したと報告しました。ライトニングネットワークは安価で早く決済ができるということで、すでに多くの人に知られています。

ライトニングネットワークのノードは現時点で約6500まで増え、アクティブチャンネル数は29000以上に到達しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です