今日の情報が、明日の君をつくる。

ライトニングネットワーク技術は、既存の決済技術に匹敵する




スケーラビリティ問題は解決していないにも関わらず、ビットコインBTC)は依然時価総額1位で、最も重要な暗号通貨です。ビットコインが最高値を付けた2017年に顕著だったのが、爆発的な広まりと、価値の上昇による、ネットワーク詰まりと、手数料の暴騰です。

Lightning Network(ライトニングネットワーク)」は、このビットコインの問題点をオフチェーンで解決する技術で、1円未満の手数料で実証的な取引を行うことができるものです。

ビットコインの問題点が古くからコミュニティに所属する何人かのメンバー、特にビットコインキャッシュ(BCH)とそのフォークコインであるビットコインSV(BCHSV)のコミュニティの人々によって攻撃されているにも関わらず、ライトニングネットワークが実用性を持った暁にビットコインに与えられる影響を予想し、問題点に対して楽観的に構えているビットコインユーザーは多くいます。

ライトニングネットワークの実力は?

c賛成派の1人が、Morgan Creek Digitalの創業者であり共同経営者であるAnthony Pompliano氏です。彼は自身のTwitterで、ライトニングネットワークのトランザクションの速度の効率性が、従来の決済技術に比べてどれほどなのかを証明するための公募を行いました。

「Lightning Networkは高速です。

もし1つのウォレットから、もう1つのウォレットへのトランザクションがクレジットカードの決済端末がカードのチップを処理するよりも早くなったとしても、私は驚かないでしょう。

誰かがその時間を記録するためのテストを実行すべきですし、そのすべての工程をビデオに収めるべきです」

JP Thorという名前の研究者は、Pompliano氏のこの提案に乗ることを決め、両方の技術を熱心に比較しました。その結果は彼が1つのケースに限らず、さまざまな分野を研究したため、非常に興味深いものになりました。

JP Thorはまず、1秒辺りのトランザクション処理能力を個々で比べると、ライトニングネットワークのほうが、間違いなく勝者ではあるが、その側面だけで判断するのは不公平であると言及することから始めました。

彼はこのように述べています。

「Visaでの支払いには第三者の認証を必要とする為、ライトニングネットワークでの送金は、Visaよりも高速です。ライトニングネットワークでの支払いは、2つのピア間のTCP/IP接続と同じくらい高速な処理を行うことができます。1つのチャンネルで250TPSを超える処理が行われることが示されているため、上限について深刻に考えずとも、スケーリングを行うことができるでしょう」

JP Thorは支払いにおいても、トランザクション処理能力においても、UXにおいても、両者に大きなレベルの違いはないと結論付けました。Apple(最も高速な支払方法)のほうが、数秒速度は早いものの、ライトニングネットワークにはまだ大幅に改善の余地があると述べています。

サービス開始について考えると、ビットコインは日々進歩し、Eftpos端末の入手はどんどん遅くなっていくことになります。

ライトニングネットワークは現在も開発が進んでおり、支払いチャネルの数と、ネットワークの処理能力はかなり増加します。1ml.comによれば、ライトニングネットワークは現在、処理能力を16%向上させ、ここ30日間では、24479の支払いチャンネルと、6048個のアクティブなノードを持っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です