今日の情報が、明日の君をつくる。

ライトコイン(LTC)とは?初心者にもわかるLitecoin

みなさんは「ライトコイン(LTC)」という仮想通貨をご存知ですか?

ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題を解決するべく開発された仮想通貨であり、初めて誕生したアルトコインとしても有名です。

アルトコインを簡単に解説すると、BTCの欠点を改善しようと試みて開発された仮想通貨です。ライトコインは、一番初めにビットコインの欠点を補った通貨ということです。

今回は、ライトコインの特徴や仕組み、購入方法などについて解説していきます。

ライトコインの誕生


ビットコインがゴールドなら、ライトコインはシルバーであると言われています。

ライトコインは、マサチューセッツ工科大学にて学士号と取得しGoogleのエンジニアとして6年間働いた経験を持つエンジニア、チャーリー・リー氏により2011年10月に開発されました。

ライトコインは一番最初に誕生したアルトコインです。つまり、一番最初にビットコインの持つ欠点を補うために開発された仮想通貨ということになります。

電子マネーにもSuicaやPASMOといった同じ用途で使用される物が複数存在しているように、例え同じ役割があっても使用する側がそれぞれの都合で利用を選択する傾向があります。ビットコインと同じ利用目的を持ちつつもさらに使いやすい仮想通貨を目指して開発されたライトコインですが、2019年12月現在にも、ビットコインと共存することができています。

続いて、ライトコインの特徴や仕組みを簡単に解説していきます。

ライトコインの特徴や仕組み


ライトコインの特徴ですが、ブロックの生成時間を平均2.5分としており、生成速度はビットコインの4倍、総発行数もビットコインの4倍である8,400万枚となっています。

ビットコインは最小単位である1Satoshiが小数点8桁まで分割できることから見辛いという欠点があり、その欠点を補うべくして4倍とされました。また、ブロックの生成時間が短いということで、ライトコインの送金時間はビットコインと比べて速くなっているのです。ブロック生成間隔が短いため計算量も少なく、1送金あたりの手数料も安価となっています。コンセンサスアルゴリズムはビットコインと同じ「Proof of Work(プルーフオブワーク/PoW)」となっています。

ライトコインは、Segwitも導入しています。SegwitはSegregated Witnessの略称であり、ブロックチェーン上に記録される取引情報のサイズを圧縮する方法のことを指しています。Segwitを導入することで、一定期間に承認することができる取引情報量を増やすことが可能です。

ライトコインではSegwitを導入することで、ビットコインが抱えていたスケーラビリティの問題を解決することができています。さらにアトミックスワップと呼ばれている個人間での仮想通貨取引を可能にする技術も導入されています。アトミックスワップではお互いに通貨の送金手続きを行わなければ通貨の送金が行われない仕組みとなっており、持ち逃げされることのない、安心した取引ができます。

随時更新!ライトコインの最新ニュース3選

仮想通貨業界には常に新しい動きがあり、毎日様々なニュースが届きます。

プロジェクトの進捗は通貨の価値に大きな影響を与えるため、公式サイトや公式のSNSなどで最新の情報を取得しながら保有することがオススメです。

ここでは以前Merokoで掲載したライトコインの最新ニュースをご紹介します。

MimbleWimbleの実装で、ライトコインはどう変わる? 仮想通貨ライトコインが約20%上昇の大躍進、強気相場の先行指標となるか? 仮想通貨でキャッシュバックがもらえるオンラインショッピング「StormShop」がライトコインのサポートを発表

まとめ

ライトコインは、アルトコインとして開発された最初の仮想通貨です。

ビットコインの欠点を補うべくして作られており、送金速度や手数料がビットコインよりも少なく、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題を解決した通貨となっています。

ライトコインは多くの取引所で取り扱われており、いくつかの海外取引所では基軸通貨としても使われている通貨です。

主にゲーム会社との提携を進めており、決済手段として現状よりも取り扱われるようになれば、価格はさらに上昇することが期待されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です