今日の情報が、明日の君をつくる。

ライトコインがマイアミドルフィンズの公式通貨に採用される

ここ最近の大幅な価格上昇で注目を集めたライトコインLTC)ですが、マイアミドルフィンズの公式通貨として採用されたことが明らかになりました。

ライトコインがマイアミドルフィンズの公式通貨に

ライトコイン財団はプレスリリースで、マイアミドルフィンズの公式通貨に採用されたことを発表しました。マイアミドルフィンズは1966年に創設された、長い歴史を持つアメリカンフットボールチームです。

今回の採用に関して、ライトコインとビットコインBTC)を使いチームの50/50ラッフル(宝くじ)のチケットを購入できるようにする計画もあるようです。また、この収益の一部は慈善団体へと寄付されます。

代表者のコメント

ライトコインの創設者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏は、今回の提携に関して以下のようなコメントをしています。

「ライトコインがマイアミドルフィンズの公式仮想通貨になったことを、とてもうれしく思います。この提携によって、ライトコインの採用が勢いを増していくことでしょう。加えて、私たちは、エコシステムがこれまで不可能であった現実世界のユースケースに適用されることでライトコインがさらなる発展を遂げていき、世界中の多くの場所で利用されるように努めていきます」

ライトコインは現在時価総額で第4位につけており、世界中で1万を超える企業に使用されています。

また、マイアミドルフィンズ副社長兼最高情報責任者のキムロメト氏は、今回の提携に関して以下のようにコメントしています。

「マイアミドルフィンズは、顧客体験を向上させるために常に努力しています。そして、今回のライトコインの提携によって、50/50ラッフルをファンが楽しみ、またその収益の一部寄付できることを、とてもうれしく思っています」

過去にはコービー・ブライアントがトロンサミットに出演

ここ最近スポーツ産業と仮想通貨の関わりが活発になってきています。

たとえば、昨年ロサンゼルスレイカーズのスター選手コービー・ブライアント氏が、かつてトロン財団のサミットへゲストスピーカーとして出演しました。

暗号通貨プラットフォームであるトロンTRX)の創設者であるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏はこれを受け、コービー氏はスポーツの才能だけでなく投資の才能もあるとコメントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です