今日の情報が、明日の君をつくる。

Local Bitcoinsに群がる新規ユーザー、月間13万5000人の伸び率をCEOが報告

P2P取引所であるLocal Bitcoinsの新規ユーザー数が大幅に増加しています。Local BitcoinsのCEOであるSebastian Sonntag氏によれば、月間の平均新規ユーザー登録数は、13万5000人にも登るとのことです。

Local Bitcoinsに群がる新規ユーザー、月間13万5000人の伸び率をCEOが報告

Local Bitcoinsは、世界中の多くのユーザーがビットコイン(BTC)を利用・トレードできるようにすることを目標として掲げています。CEOであるSonntag氏は、ここ最近同プラットフォームの新規ユーザー数が、平均で13万5000人いることを明かしました。

イングランドに拠点を構える投資サービス会社Learn Bondsの最新のインタビューによれば、Sonntag氏はLocal Bitcoinsのアルトコイン取引がすべてサードパーティー製のサービスを通して行われていると述べています。

現段階では、Local Bitcoinsがアルトコイン用の新たなウォレットを提供する予定はありませんが、Sonntag氏によるとユーザーはライトコイン(LTC)リップル(XRP)イーサリアム(ETH)を使いビットコインを購入することが可能とのことです。

Local Bitcoinsの将来について、Sonntag氏は以下のようにコメントしています。

「複数の同時オープン取引を有効にし、取引をより円滑に、高速化します。(中略)LocalBitcoinsでは、内部システムを再構築しています。優先事項の1つとしては、ユーザーからの意見や要望を取り入れながら、最も必要な機能を追加・改善していくことです。2020年から、この取り組みを本格的に行っていきます」

ビットコイン取引量、新規ウォレット開設なども増加傾向

Coin Danceのデータによると、アルゼンチンやベネズエラなどの通貨危機が起こっている国では、これまでと変わらずにビットコインの取引量が増加傾向にあります。仮想通貨ウォレットを提供するBLOCKCHAINのユーザー数も、今月に入り4350万を突破したことがわかっています。

仮想通貨関連の事業の企業家であるAlistair Milne氏が今年7月に発表したデータによると、米国に拠点を構える取引所コインベースの新規ユーザー数は、1ヶ月あたり約50万人にも登るとのこと。Local Bitcoinsと比較しても、驚異的な伸び率となっています。