今日の情報が、明日の君をつくる。

ビジネスデータの共有に革命をもたらすLoyakk Vegaのブロックチェーンプラットフォーム


仮想通貨プロジェクトLoyakk(LYKK)が開発し提供するLoyakk Vegaブロックチェーンは、より高いセキュリティと効率性を保ち、ビジネスパートナー間に潤滑な連携を可能とするビジネス関係管理プラットフォームのプロジェクトです。業務上の大幅なコストを削減しながらデータ共有を可能にします。

Loyakk Vegaがビジネスデータ共有にもたらすもの

ビジネスパートナー同士の既存のデータ共有方法と言えば、電子メールやファイルを添付し送信すると言った方法でしたが、もし会社内のセキュリティが脆弱であればファイアウォールを破り情報を改ざん、盗聴や第三者の手に行き渡る事になります。

企業にとって取引や顧客の履歴などの情報データなどは非常に重要で、Loyakk Vegのプラットフォーム「Vega Business Relationship Platform」を使用すれば、独自のパーソナライズされたWebベース、またはモバイルアプリのインターフェイスを用いて安全な会話、数クリックでのコンテンツ共有が可能になります。

なお、プラットフォーム使用時にユーザーが正しいアクセス権を保持しているか確認し、全てのデータは安全なLYKKトークンに換え送信できます。この方法で送られたデータは監査や追跡が可能となるため非常に高い透明性を保ったまま管理できるものとなります。

大手金融企業Mphasisとも提携

LoyakkのCEOであるSalim Ali氏はソフトウェア会社SAP社で9年間勤務し、グローバルマーケティングの副社長を務めSymantec社やVeritas社でも製品管理およびエンジニアリングを務めていました。

現在、Loyakkのチームはシリコンバレーに本拠を構え、提携企業には数十億ドル規模の金融サービスを提供するMphasis社とも保険と金融サービスのソリューションを共同で提供するために提携を結んでいます。

Vega Business Relationship Platform

Loyakk Vegaのブロックチェーンプラットフォーム「Vega Business Relationship Platform」内のブロックチェーンは現在、特許出願中で分散型B2Bエンゲージメント用に設計されたエンタープライズのプラットフォームで、GDPRコンプライアンスは容易に処理され「データ盗難や契約トラブルなどの従来のビジネス上の課題は過去のものになる。」と自信を覗かせました。

なお、同プラットフォームのスマートコントラクトの実行は独立して監査されており、LYKKトークンは間もなく上場予定になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です