今日の情報が、明日の君をつくる。

ジョン・マカフィー氏が自身の名を冠にした独自の仮想通貨を今年秋にも発行予定

セキュリティー対策ソフトMcAfeeの創業者であるジョン・マカフィー氏は自身の名前を付けた独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin(マカフィー・フリーダム・コイン)」を2019年秋にも発行する事をTwitterで発表しました。他の通貨と比較すると価値は無く、サービスなどによって価値が生まれるとしています。

遂にマカフィーも仮想通貨を発行か?

「マカフィー砲」でも有名なジョン・マカフィー氏は、独自の仮想通貨であるマカフィー・フリーダム・コインを自身のTwitter上で発表しています。

既に簡易的なサイトも出来上がっており2019年秋のローンチを予定していますが、このコインの特徴はこれまでのマカフィー氏らしいものになっています。

・マイニングは無し
・投資家を探しておらずICOの実施も無し
・取引所への上場も無し
・エアドロップも無し

ホワイトペーパーが作成されるまではこれ以上の情報は出さないとしたものの、Twitter上でのやり取りでは「このコインは完全な経済的自由に関連している」とだけ明らかにされました。

このような状況のため、本当なのか冗談なのか判断が付かない状態となっています。

コインは他の通貨と比較して価値が無い物となる

マカフィー・フリーダム・コインのホームページによると次の様に書かれています。

「新しい構造の概念を取り入れた独自のパラダイムを採用する予定です。このトークンはいかなる商品にも基づくものではなく、またいかなる外部の商品・エンティティの価値や振る舞いにも関連してはいません」

さらにトークンの価値は他の仮想通貨と比較して常にゼロとなるものの、自然な市場価値は自由に成長するものになっていると記載されています。

またトークンは購入後、ウォレット間を通じて取引が出来るものとなっている事も明らかになっており、フィアット通貨や他の仮想通貨と比較し次の様に述べています。

「トレーダーは取引所の価格を通貨の価値だとしているがこれは誤りで、真の価値は交換される商品やサービス市場から生まれてきます。市場に必要とされているのは、平等な通貨や他の暗号通貨からも同様に分離され、ゼロの現金化価値を持ちながら普遍的に受け入れられるコインです」

マカフィー氏はこのように将来、市場に変化の到来が訪れると主張しています。なお、先日には自身の顔が印刷された仮想通貨デビッドカードを開発中だと明かしたばかりでした。

仮想通貨業界でも大きな影響力のある人物と称されるジョン・マカフィー氏ですが、今後も市場にどの様な影響をもたらすのかその動向に注目が集まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です