今日の情報が、明日の君をつくる。

マイクロソフトとHubiiが共同でブロックチェーンイベントを開催、ETHスケーリングソリューション「nahmii」を発表

マイクロソフトとブロックチェーン企業Hubiiは共同でブロックチェーンイベントを9月12日に開催します。このイベントではイーサリアム(ETH)の企業向けアプリケーション開発を可能とするスケーリングソリューション「nahmii」が発表されるとのことです。nahmiiプロトコルは分散型台帳(DLT)ネットワークのパフォーマンスと実用性をより向上させることを可能にします。

企業向けブロックチェーンスケーリングソリューション「nahmii」がリリース

9月12日大手テック企業マイクロソフトとブロックチェーン企業Hubiiが共同でノルウェーのオスロにてブロックチェーンイベントを開催し、正式に提携したことを発表します。

また同イベント内では、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureが搭載された第2層スケーラビリティプロトコル「nahmii」のリリースも正式に発表されるとされています。

このnahmiiはイーサリアムブロックチェーンを企業向けアプリ開発に対応させることを焦点としており、分散型台帳(DLT)ネットワークのパフォーマンスと実用性をより向上させる機能があります。

また遅延を無くし、高速なトランザクションを維持しながら低い手数料を実現します。スマートコントタクト対応のDLTネットワークとも互換性があり、nahmii導入のユースケースにはゲームアプリの強化、IoTデバイス、トレード、コンテンツ配信が挙げられています。

2020年にはBTCやリブラにも相互運用性ソリューション開発へ

このように現在hubiiは、イーサリアムブロックチェーン上のトランザクションスケーラビリティを向上すべくnahmiiの開発に重点を置いていますが、今月には仮想通貨取引所Liquidにて「NIIトークン」のIEOも計画しています。

2020年第1四半期には安全なスマートコントラクト・プラットフォームを提供しているRSK社を通じてビットコイン(BTC)ブロックチェーン上でもnahmiiを展開することを計画しています。

同じく2020年後半にはイーサリアムやビットコインだけでなく、フェイスブックが計画する独自仮想通貨リブラなどでも完全な相互運用性のあるソリューションを構築することを目指しています。

またAzureベースであることから、マイクロソフトのパートナーやクライアントとなる世界中の企業はnahmiiを展開してブロックチェーンベースとなるソフトウェアソリューションを開発できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です