今日の情報が、明日の君をつくる。

スペインのテレビ局で違法マイニング、逮捕されても利益を出した男

電力コンサルタントの男がスペインのテレビ局で盗電し、イーサリアム(ETH)を違法にマイニングしたとして逮捕されました。男は裁判所から3,000ユーロの罰金の支払いを命じられましたが、それを差し引いても1,846ユーロの利益を出したという、何とも奇妙な事件が起きています。

テレビ局の電気を盗難、安全装置をイーサリアムのマイニングに使用

メディアXatakaが報告したところによれば、スペインのアンダルシアにあるテレビ局CanalMálagaは、2017年から停電や電力不足が度々発生していました。電力コンサルタントにも問題原因の特定を依頼しましたが、解決することができませんでした。この問題の解決に長年に渡って悩まされた結果、彼らは警察に相談することに決めました。

相談を受けた警察のサイバー犯罪部は、電力供給の過程で装置を発見します。テレビ局を担当していた電力コンサルタントは、この装置は電力安定器のため絶対に外してはいけないと主張しました。しかし、警察がその装置を詳しく調べたところ、イーサリアムのマイニングリグであったことが判明しました。電力コンサルタントの男は、納税者によって賄われたマラガの電気を使い、イーサリアムをマイニングしていたのです。

罰金を支払っても収益はプラスに、男は高笑い?

逮捕された電力コンサルタントの男は、裁判にて3,000ユーロの支払いを命じられました。このうち約半分がテレビ局の電気代に充当され、残りは裁判所へ罰金として納められます。しかし、男はこの違法マイニングによって、4,846ユーロを稼いだと報告されています。罰金として支払った3,000ユーロを差し引いても、結果的に1,846ユーロの利益を持った状態で男は出所することになりそうです。