今日の情報が、明日の君をつくる。

中国のネットカフェで9,000人が関与する大がかりな違法マイニングが発生、15名が逮捕へ

中国湖南省のネットカフェで、パソコンを遠隔操作する違法なマイニングを行ったとして15名が逮捕されました。犯人らは2017年からマイニングを行っており、これまでに2,000万ドル(約21億円)以上を集めていたと報告されています。また、このネットカフェのメンテナンス会社の従業員のうち9,000人が関与していたとして、現在も捜査が続いています。

中国のインターネットカフェで違法マイニング

中国の仮想通貨系ニュースサイト8BTCは9月3日、湖南省の河陽市の警察当局がマイニングを目的にインターネットカフェから電力を盗んだ疑いがあるとして15人を逮捕したと報道しています。

警察の報告書によると、事の発端は地元のインターネットカフェのほとんどがマイニングを行うために遠隔操作されているとした通報によるものだったとしています。設置されているPCの多くは動作が遅く、中にはハードウェアを使用していたことから明らかになったとのことです。

すぐに捜査に乗り出しデータを分析すると、このトロイの木馬プログラムを開発した鄭州のネットワーク秘術会社を運営するZhang容疑者に行き着いたと伝えています。

Zhang容疑者の会社は表向きは広告業となっているものの、2017年6月から2019年7月までマイニンググループを運営しており、その間に2,000万ドル(約21億円)以上に相当する仮想通貨を集め換金していました。

内部関係者9,000人が関与か?

Zhang容疑者はインターネットカフェとビジネス契約を結ぶ様に装い、メンテナンス管理者に賄賂を渡し遠隔操作できるよう設定してもらうことで、マイニングプログラムをPCに埋め込んでいました。

その後マイニングした仮想通貨はサードパーティーの取引所を通じて人民元に交換していました。なお、中国全土でこれまでに9,000人以上のインターネット管理者を買収し、支払っていた料金は月額で平均2,000万元(約2.9億円)にも達しています。

現在Zhang容疑者も含め計15人が逮捕されており、さらに捜査はなおも継続中であることから、今後この9,000人から新たな逮捕者が出る事も予想されます。

中国ではいまだマイニングは違法とされているため、今回のように秘密裏に行う事件がたびたび起こっています。今年6月には、ハッカーとインターネット関連企業が共謀で10万台にも及ぶインターネットカフェのPCをハッキングし、9,000万円相当のシアコインを不当にマイニングする事件が起きていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です