今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨が簡単に使える!進むモバイルブラウザ向けの開発

モバイルブラウザは外出先でインターネットを利用するためのものとして使われてきました。一方、現在多くの開発者がウォレット、VPN、dAppストアなどへの暗号化機能の実装に取り組んでいます。これによって、モバイルブラウザは多様なアプリケーションが利用できる、ツールキットに変貌を遂げつつあります。

モバイルブラウザ向けの開発進む

モバイルブラウザは仮想通貨ユーザーにも使いやすいものへ進化しています。ウォレットが実装されたことで、仮想通貨の保管・所有が楽になっただけでなく、送金や決済も手軽にできるようになりました。初心者が仮想通貨を始めるハードルが低くなったと言えるでしょう。

加えて、一部のソフトウェア及びハードウェアの開発者はWeb 3.0の閲覧に必要なツールのフィーチャーフォンへの導入を進めています。まだ初期段階ではあるものの、日常的な使いやすさが向上することで、仮想通貨がより大規模に採用されるためには重要なポイントと言えます。

価値の移転をさらに簡単にする取り組み

Dream Teamは7億5,000万ドル相当に及ぶゲーム市場での支払い、スポンサー料、大会の賞品などで利用できる、eスポーツ向けトークンです。トークンのユースケースの作成は、これまでにも簡単にできましたが、それを現実のものにするのは難しい作業の1つです。一方でDream Teamのトークンは、モバイル環境での利用が多い若年層がeスポーツイベントをストリーミング視聴しながらトークンをシームレスに受け取ることが可能となっています。

仮想通貨にも対応したOperaのアンドロイドブラウザは、こうしたトレンドを牽引するリーダーとも言える存在です。このブラウザが利用できるようになるまで、ブラウザを通した仮想通貨の利用は、イーサリアム(ETH)、ERC20トークンに対応したデスクトップ型が主流だったからです。ここ最近では、アクティブ化がより簡単にできるモバイルユーザー向けのVPN機能も公開されました。これによって、デスクトップブラウザとOperaの仮想通貨ウォレットをリンクすることが可能となっています。