今日の情報が、明日の君をつくる。

Netflix、アルトコインに関連したドキュメンタリーをリリース予定か

仮想通貨は、金融業界において多くの関心を集めていますが、同様に、映像業界においても注目されているようです。

Netflixが制作するドキュメンタリーの影響は?

Netflixのような映像配信サービスを提供する企業が、仮想通貨を主要テーマとした映画やドキュメンタリーの制作に前向きに取り組んでいます。Netflixはこのような動きをしている代表的な企業といって良いでしょう。

数年前、NetflixはビットコインBTC)を市場で最も価値のある商品だと主張するドキュメンタリーを放送しています。タイトルは、「Banking With Bitcoin」です。
それまで、メディアのスタンスが仮想通貨に否定的であったのに対し、このドキュメンタリーはビットコインのリアルな特徴に焦点を当て、トレンドを変えたと言っても過言ではありません。

現在同企業は、アルトコインについての新たなドキュメンタリーのリリースを予定しています。

アルトコインに関するドキュメンタリーは、仮想通貨の普及と認知を考えると非常に受け入れられやすい内容だと考えられます。しかし、仮想通貨市場は常に進化しており、プロジェクトが煙のように数ヶ月で消えてしまうことも珍しくありません。ドキュメンタリーを作る際には、アルトコインを入念に精査し、事実を正確に捉えて放送する必要があり、仮想通貨業界への深い知識が必要とされるでしょう。

ドキュメンタリーの内容について

市場が成熟していないという欠点を補うために、Netflixの撮影チームは、ドキュメンタリーに盛り込まれた情報が公開までの間に古い情報へと変わっていないか確認する方法を生み出さなければなりません。同チームは、まだどのアルトコインを題材にするかを明確にはしていませんが、PACcoinやGlobal Boost がトピックとなるのではないかという噂があるようです。

Redditのコメントを見ると、ドキュメンタリーの公開は2020年頃になると予想されており、90-120分の1話完結型のドキュメンタリーではなく、約8エピソードからなるシリーズドキュメンタリーになるのという意見もあります。

仮想通貨市場は、未だボラティリティの大きい市場です。また、2017年12月に最高値を記録してから現在までの市場を振り返ってみても、非常に不安定な市場であることが見受けられます。
ビットコインに至っては、一時は80%も価格が下落しました。

仮想通貨に関するドキュメンタリーは、市場を好転させるか悪化させるか、どちらの可能性も含んでいると言えるでしょう。もしもドキュメンタリーが仮想通貨投資家を悪い方向へ先導すれば、弱気相場の雰囲気を作り出し、価格はさらに下落するでしょう。一方で良い方向へと心理が動けば、価格が回復するかもしれません。

しかし、投資としての見方だけでなく、多くの人々に仮想通貨が利用がされるようになるには、一般層の認知を深めていくことが必要となります。世界中で幅広い人が利用する同社が作品を制作することが、そのような状況を作り出す後押しになることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です